新しいDVDドライブに換装!

I-O DATA ATAPI対応内蔵型 2層DVD±R対応DVDスーパーマルチドライブ ブラック DVR-AN16RLB昨日のDVDドライブの故障を受けて、さっそく新しいドライブを購入してきました。

買ってきたのはIO DATAから発売されている『DVR-AN16RLB』。NEC製の「ND-4571A」を採用したドライブで、1層DVD±Rに16倍速、2層DVD±Rに8倍速でのオーバースピード書込みができるほか、レーベル面へデザインを焼き付けることが可能な「Labelflash」機能を採用したモデルです。

店頭には最新モデルとして1層DVD±Rに18倍速での書込みを実現した『DVR-AN18GL』シリーズというのもありましたが、16倍速も18倍速もたいして変わらないでしょうという思いと、フロントベゼルにプリントしてある”Labelflash”の野暮ったいロゴが印象悪かったので今回は『DVR-AN16RLB』の方を選択しました。


家に帰ってさっそく開封した際に驚いたことがひとつ。取り外した旧ドライブ『DVR-ABP16ABK』と比べてみると、『DVR-AN16RLB』がすごく軽いんですね。念のためハカリに載せてみると、旧ドライブが960gなのに対し、新ドライブは710g。(ちなみに、カタログ値では750gと記載されています。)メーカーも違うので一概には言えませんが、1年半ほどの間にチップや部品の集約でここまで軽量化できるものなんですね。全長も5mmほど短くなっているので、ケース内の冷却効果面でもメリットがあるかもしれません。…まぁ、微々たるものでしょうが。

新ドライブの取り付けが完了し、さっそく動かしてみます。トレイの動きは静かで滑らか。ガチャンガチャンと騒々しくでてこないのはいい感じです。読み込み時の騒音チェックですが、ある程度想定していた通りの動作音(苦笑)。それでも、旧ドライブはPCの筐体全体を揺らすような振動&爆音だったので、それに比べたら言うことはないんですけどね。

今度は簡単に壊れないでいて欲しいものです。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。