玄箱をEtch化

玄人志向 NAS 組み立てキット 玄箱シリーズ KURO-BOXDebian 4.0「Etch」がが4月に正式リリースされてからしばらく経ちます。自宅のi386環境で使用していますがこれといって大きな不具合もなく快適に利用できているので、玄箱の方も「Etch」にアップグレードしました。

Etch化の手順は、まず/etc/apt/sources.listをEtch用に変更(non-USは廃止されているのを思い出してついでに削除)して、apt-get update後apt-get dist-upgradeするだけでした。比較的クリーンな環境のまま使用しているので、アップグレードの途中でこれといった警告もなく無事に終了。

無事にアップグレードできることは確認できたので、時間のあるときに一旦まっさらな環境に戻して、Etch化済み玄箱インストールイメージでも作成しておくとしよう。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。