ケーブル開通でFM受信環境も大幅改善

これまで自宅でFM放送を聴くには室内アンテナの位置を電波状況に応じて微調整してあげる必要があり一筋縄ではいかない状況でしたが、昨日引き込まれたJ:COMのケーブルに含まれるFM波の再送信サービスを利用して改善を図ってみることにしました。

ケーブルに乗ってくるFM波は直接受信する場合とは周波数が異なるので、まずはこちらで周波数を確認。それによるとエリアををカバーする主要4局の他、通常は聴くことの出来ないコミュニティFM、さらに放送大学まで再送信されてる模様。聴く聴かないは別にしても2つもプリセットが増えるのは嬉しいですね。


周波数の確認が済んだら寝室に設置しているオンキヨー製のチューナーアンプ『R-805TX』で確認。アンテナ線を背面の端子に接続して周波数を合わせると従来とは比較にならないほどクリアな音が!すばらしい。

リビングに置いているもう一台のチューナー『T-405TX』の方はアンテナ端子がフィーダータイプなので日本アンテナの整合器『NCM-73C-SP』を買ってきてこれを間にかませて接続。こちらも快適な視聴が出来ることを確認出来ました。

めでたし、めでたし。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。