インプレッサ G4がやって来た

注文の多い年度末の決算期に契約したことから1ヶ月以上の時間を要してしまいましたが、注文していたインプレッサ G4 2.0i-S EyeSight(AWD)が本日ようやく納車となりました。

本来は昨日が納車予定日だったものを週末に予想されていた悪天候を考慮して1日ズラしてもらっていたのですが、この日は嫁が生憎仕事だったため昼間に車を取りに行くことができずディーラーに到着したのは17時過ぎ。ちょうど外に居合わせた担当営業さんの誘導で来客用の駐車スペースにセリカを停車。10年以上を共に過ごしてきたセリカとはここでお別れ。最後に表示されていたオドメーターの値は101,170kmでした。本当にご苦労様でした…。

130407_odometer - インプレッサ G4がやって来た

店内で温かいコーヒーを頂いている間にショールームの前に新しい車を移動してもらい車両の説明と確認へ。折角なのでブログ用に写真でも撮りながら…と思いましたが、あまり悠長にしていると陽が暮れて確認に支障が出てしまいそうだったので今回は割愛しました。

さっそく運転席に座るよう促されて主だった機能の操作説明を受けましたが、ハイテク装備とは無縁だったセリカとの違いに戸惑うばかり。最近の車はライトもワイパーもエアコンもAUTOという設定があって勝手に制御してくれる…といった辺りまでは感心しながらも理解して聞いていられたのですが、EyeSightやスマートエントリーなどこれまでに触れたことのない機能の操作には頭が付いていけず…。細かいところは後から説明書を読んだり実際に使いながら覚えて行けば良いと思い、とりあえずドアの開閉とエンジンのかけ方、スマートキーの電池が切れた場合の対処法といったところだけしっかり確認して頭に叩きこんでおきました(苦笑)。


車内ではディーラーオプションのナビやETCも併せて確認。今回選んだナビはPanasonic製の『CN-S310WD』(正確にはCN-S310WDをベースにしたスバル専用の『CN-S310WDFA』の模様)ですが、さすがに最新型だけあってセリカに載せていたADDZEST『MAX750HD』に比べ解像度やコントラストが高くて良い感じ。なお、ディーラーの方で気を利かせてくれてサイドブレーキを引かなくても操作できるよう…ゴニョゴニョ(自粛)。ETCは注文時特に機種指定しなかったので安価な三菱製のものを取り付けてくれてましたが、折角黒で統一された内装なのにETCだけシルバーというのはちょっと違和感が…ま、ETCはいずれDSRC対応車載器に載せ替えるつもりなので別にいいか。

続けて外装。車を降りてスポイラーやメッシュグリル、フロントタワーバー、ロックナットなどの追加装備がきちんと装着されていることとボディに傷や塗装ムラがないことを確認して車両確認終了。メッシュグリルの取り付けにあたり取り外した標準グリルなどの扱いをどうするか尋ねられたのでとりあえずそのまま貰っておくことに。意外に大きいので保管場所に困りそうですが、それは追い追い考えることにします(嫁からは確実に「邪魔!」と言われるな…)。

その後店内で保証とメンテナンスパックに関する説明、さらに自動車税に関する注意がありました。今回は3月に車の登録を完了し納車が4月となる”年度跨ぎ”のケースであることから手続き上セリカとG4の2台分の自動車税の請求が自宅に届くけれどもセリカの分はディーラーの方で処理するので取りに来るよう連絡して欲しいとのこと。最後に店長さん及びサービスの方からご挨拶を頂き、書類にサインを終えて無事に納車手続き完了!

ディーラーではゆっくり写真を撮る暇もありませんでしたので、納車後自宅に帰る前に立ち寄ったスーパーの駐車場で1枚だけ記念撮影しておきました。

130407_imprezag4 - インプレッサ G4がやって来た

これから長い付き合いになるであろうG4、よろしく頼むよ!

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。