サンディスク製のUSBメモリ『Cruzer Fit』

Sandisk USB フラッシュメモリ Cruzer Fit CZ33 32GB サンディスク 海外パッケージ品端末間のファイルの受け渡し用にサンディスク製のUSBメモリ『Cruzer Fit(32GB)』を購入しました。

自宅内の端末同士であればネットワーク経由で直接やり取りしたりNASを使ったりすることで事足りるのですが、外出先の端末にちょっと大きなサイズのファイルを持ち運ぶにはやはりUSBメモリが便利。これまでは2006年に購入したGREEN HOUSE社製の『PicoDrive+ (GH-UFD128PLZ)』(128MB)と『PicoDrive+ (GH-UFD1GPLZ)』(1GB)の2本をうまいこと使いまわしながらやってきたのですが、最近1GBでは収まりきれないケースも出てきていたので今回の買い替えに至った次第です。


メモリ製品に関しては信頼性を最重要視してなるべくサンディスクの製品を購入するようにしているのですが、サンディスクの日本国内向け現行ラインナップの中にUSBメモリはゲーム機向けのライセンス商品しかなく無理矢理PCで使うにしても価格と容量が釣り合わない感じだったので、サンディスク本社のある米国などで販売されている同製品の並行輸入品を購入しました。

120809_CruzerPackage サンディスク製のUSBメモリ Cruzer Fit

さっそく開封してみましたがサイズはおどろくほどコンパクト。USB端子の金属部分だけといった感じで本体よりキャップの方が大きいほど。先日購入したロジクール製ワイヤレスマウス『Performance Mouse M950』のレシーバより小さいのでPCに挿したままでもまったく邪魔になりません。ただ、あまりの小ささに抜き差しがし辛いので頻繁に持ち運ぶためというより基本挿しっぱなしで使うことを前提に考えた方が良いのかもしれません。

120809_CruzerUsb サンディスク製のUSBメモリ Cruzer Fit

念のためにお約束のベンチマークも測定。現在使用している『HP EliteBook 8460w Mobile Workstation』のUSBポートは何故か他の端末より遅めの傾向があるのであくまで参考程度に…。

サンディスク製のUSBメモリ Cruzer Fit

最近各社からUSB3.0対応のUSBメモリがリリースされているので速度重視な方はそちらを選ばれた方が良いですが、信頼性が高く安価で大容量という点ではこちらもなかなか魅力的な商品だと思います。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。