パナソニック製エアコン『CS-714CXR2』の整備記録簿

2014年6月の転居のタイミングで購入しリビングに設置しているパナソニック製エアコン『CS-714CXR2』に関する不具合やトラブルの対応履歴、メンテナンスの記録はこちらにまとめておくことにします。

熱交換器の交換(2019-07-08)

冷房使用中に室内機から突然水漏れが発生しフローリングがびちゃびちゃに。ドレンホースの詰まりを疑って『エアコン用 ドレンつまり取りポンプ』を使ってみたものの全く改善されなかったのでメーカーに連絡。

5年の延長保証が先月切れたばかりというタイミングゆえある程度の出費は覚悟していましたが、サービスの人に見て頂いたところ「熱交換器の取り換えが必要」とのことで提示された見積額は9万円…。買い替えも頭をよぎりましたが、これと同じ20~30畳用のものを新規購入するとなると軽く20万コースなので大人しく修理を依頼しました。

修理は熱交換器が手配出来た2日後に実施。この際、元々の取付施工が宜しくなかったことも判明(ヨドバシ、お前のことだぞ…)したようでホースを新たに引き直す手間も生じ2時間を超える作業となりましたが漏水は無事解消。作業後に用意しておいたお金を渡そうとしたところ「延長保証が切れて間もないようなので今回お代は結構です。」と。

恰好良すぎるぜ、パナソニック!!

そういえば、以前旧宅で使っていたエアコン(当時はまだナショナルブランド)の風向ルーバーが動かなくなってしまった際もとっくに保証が切れていたにもかかわらず無償で交換・修理してくれたことがありましたが…パナソニックのサポートの懐の広さにはただただ感謝。

購入時のお値段は少々お高めではありますが、長く使う家電はこれからもパナソニック一択です!(デジタル家電は除く)

空気清浄フィルターと風向ルーバーの交換(2021-09-24)

リビングでは空気清浄機も併用しているため同エアコンに用いられている空気清浄フィルターの交換は先延ばしにしていたのですが、気が付けばフィルターの使用目安である2年に対し7年以上が経過してしまっていたのでこのタイミングで取り換えを実施。

取扱説明書に記載されている交換用の「空気清浄フィルター (CZ-SAF12)」は既に廃版となっていましたが、後継品として『空気清浄フィルター (CZ-SAF12A)』が新たに設定されていたのでそちらを購入。さくっと交換しておきました。

取り外した古いフィルターはさすがに真っ黒。この手の消耗品を一度も交換しないまま(中には存在すら認識している人も居られるかと思いますが…)本体が壊れるまで10~15年と使い続ける方も意外に少なくないと思いますが、健康面で安心して使い続けるためにも定期的な交換をおススメします。

また、同時にルーバーの交換も実施。動作に支障はないものの、以前エアコン内部を清掃しようとして上段のルーバーを取り外した際に一部を破損させてしまっていたため、メーカー特約店を通じて純正保守パーツ「上下風向ルーバー(CWE24C1485)」の取り寄せをお願いしておいた次第。

保守パーツ

ついでに「左右風向ルーバー(CWE24C1483/CWE24C1484)」も予備として入手しておきました。

破損した部品を変えただけなので見た目は一切変わりませんが、気分良く次のシーズンを迎えられそうです。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。
    メールアドレスが公開されることはありません。

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.