カテゴリー: デジタル

Motorola Moto G7/G7 Plus 用の薄型TPUケース

Toppix Motorola Moto G7 / G7 Plus ケース, 保護カバーTPU, 保護バンパー 弾力性付き [特化した] 耐衝撃バンパー Moto G7 / G7 Plus用 カバー (ブラック)現在使用しているスマートフォン『Moto G7 Plus』には端末と同時に入手したSpigen製の保護ケース『ラギッド・アーマー』を装着していたのですが、ケースが厚く比較的手の大きなわたしでも片手操作が難しかったことや背面・側面がツルサラで何度も落としそうになっていたのでケースを替えることにしました。

Moto G7 Plus発売直後はラギッド・アーマー以外にまともなアクセサリの選択肢がなかったのですが、あれから半年ほどが経過しておりAmazon.co.jpでも対応製品が充実。その中から今回チョイスしたのは『Toppix Motorola Moto G7 / G7 Plus ケース』なるアイテム。

中国発の無名ブランドな商品だけにハズレを覚悟しての注文でしたが、見た目も作りも思ったより良い感じ。

Toppix Motorola Moto G7 / G7 Plus ケース

ラギッド・アーマーと同じTPU製の耐衝撃バンパーで質感はそれほど変わりませんが、背面と側面に斜めの溝が切られているので滑りにくくなっています。

VIERAの録画用ストレージにSamsung SSDを活用

【USB3.1 Gen2】ORICO 2.5インチ USB-C HDD ケース USB3.1 Gen2 アルミ製 ハードディスクケース 6Gbps高速転送 4TBまで HDD/SSD対応 C-Cケーブル付属 ダークグレー先日生産・出荷の完了がアナウンスされた『nasne』。「torne mobile」等の関連サービスは当面の間提供を続けるとのことですが、それも近い将来サポートが打ち切られるのが明白なので今のうちに処分してしまいました。

nasneに替わる録画機をどうするか…ですが、先日行ったPCのSSD交換で余ったSATA接続の2.5インチSSD『Samsung SSD 850 EVO』がちょうど余っているのでこれを外付けケースに入れてリビングの『VIERA TH-55CX800N』に繋ぎ、テレビの持つ録画機能を活用することにしました。

外付けケースとしてUSB3.1 Gen2対応の『ORICO 2.5インチ Type-C HDD/SSDケース(2518C3-G2-GY-NJP)』を新たに調達。

ORICO 2.5インチ Type-C HDD/SSDケース(2518C3-G2-GY-NJP)

ネイティブでType-C接続に対応しそこそこ名の知れたメーカーの商品ということでこちらをチョイス。金属製の外装で放熱効率が良さそうなのも気に入りました。Type AtoC変換ケーブルに加えType CtoCケーブルまで付いて2,000円ちょっとなのでお買い得ですが、ケーブルの品質には若干不安が残るので別途用意した方が安心かも…。

MVNO回線でキッズケータイ F-03Jを活用

docomo 富士通 キッズケータイ F-03J [イエロー] 白ロムうちの子供も8歳になりクラスの友達との付き合いもあるようで、宿題のない日は帰宅するなりランドセルを放り投げて「〇〇君と遊んでくる!!」と外に飛び出していくこともしばしば。

それはそれで構わないのですが、遊びに興じるあまり18時を過ぎてもなかなか帰ってこないことがあり心配して公園や友達の家を訪ね歩いたりしたこともあったのですが、この先行動範囲が広がるといよいよ手に負えなくなるぞ…と思いキッズケータイを導入。

今回購入したのは2017年3月に発売されたドコモの『キッズケータイ F-03J』。キッズケータイも以前は毎年のように新機種が登場していたような記憶がありますが、最近は更新が滞っているらしく現状このF-03Jが最新機種となっています。

本来キッズケータイはドコモ契約での利用を想定して作られているものの、一部機能を除き(後述)ドコモ系のMVNOでも問題なく利用出来ることから今回はIIJmioの回線を利用する前提。そのためドコモショップではなくAmazon.co.jpにて新品の白ロムを入手したのですが価格は1,200円ほどでした。(安っ!!)

Samsung SSD 850 EVOから860 EVOに交換

Samsung SSD 500GB 860EVO 2.5インチ内蔵型【PlayStation4 動作確認済】5年保証 正規代理店保証品 MZ-76E500B/ECもともとM.2 NVMe SSD+HDDのデュアルストレージ構成だった我が家のノートPC『HP Pavilion Gaming 15-cx0000 クリエイターモデル』は購入後すぐにのHDを手元にあった2.5インチのSATA SSD『Samsung SSD 850 EVO』に入れ替えて何不自由なく運用しているのですが、先のAmazon.co.jpのタイムセール祭りで同SSDの後継モデル『Samsung SSD 860 EVO』が安くなっていたので思わず購入。台風の影響で外出を控えざるをえなかった週末にサクっとデータ移行と換装を済ませました。

2015年の夏に当時使っていたEliteBook 8460wの延命措置用として購入した500GBの850 EVOが2万円強したのに対し、今回入手した860 EVOは同じ容量ながら7,000円以下。4年で約1/3だなんてNAND価格の下落ペースって怖いわぁ…。

今回入手した860 EVOはこちら。

Samsung SSD 860 EVO

内部的にはコントローラーチップや3D NANDの世代が更新されるなど大きな変化を遂げているようですが、850 EVOとの外見上の相違は裏面のラベル表記くらい。

TP-LINK Archer C7(V2)にOpenWRTを導入

3年ほど使ったTP-Linkの無線LANルーター『Archer C7(V2)』の不安定動作を受け急遽同型の最新リビジョン『Archer C7(V5)』を購入・交換したのですが、旧V2の不調はアンテナ取付部の金属パーツの緩みが原因だったようで緩んだナットをペンチで締め直したらあっさり復活。

売り払ってもどうせ二束三文にしかならないので予備機として手元に残しておこうと考えたものの、実質サポートが終了してしまっているV2の純正ファームウェアはIPoE+DS-Lite接続にも対応していないうえセキュリティやその他の機能面で不安と不満が残るのでカスタムファームウェアの「OpenWRT」を導入しておくことにしました。

OpenWRTの導入した状態で電波を発すると電波法に触れる恐れがあるので無線のスイッチをOFFにして作業にあたります。

アクセスポイントを『Archer C7(V2)』から『Archer C7(V5)』に変更

【Amazon.co.jp限定】TP-Link WiFi 無線LAN ルーター 11ac AC1750 1300Mbps + 450Mbps デュアルバンド Archer C7 V53年前に導入してから安定稼働を続けてきたTP-LINKの無線LANルーター『Archer C7』ですが、うちの子供がアンテナ周りをグリグリ弄り倒していたせいかあるいは夏の暑さが原因か、このひと月に2度ほど再起動した痕跡が見受けられたので予知保全として交換しておくことにしました。

後継機として用意したのはこれまでと同じArcher C7。ただし、同機は定期的にマイナーチェンジが行われていることから今回入手したのは最新リビジョンの『Archer C7(V5)』になります。

新たに入手したV5に対しこれまで使っていた旧Archer C7のリビジョンはV2。1,300Mbps+450Mbpsの無線LANとギガビット対応の有線LANという基本的な仕様は従来通りですが、もともと2つあったUSB 2.0ポートが1つに減らされているのが大きな違い。また、細部に目をむけるとV2では本体側に内蔵されていた2.4GHz帯のアンテナが外部アンテナを利用するようになっていたり、部品調達の兼ね合いで搭載されるCPUがQualcomm Atheros QCA9558(720MHz)から同QCA9563(750MHz)に変わりスループットやレイテンシの改善が図られるなどしているようです。

一方、ソフト側に目を向けるとVPNサーバやDDNS、TP-LINK独自のクラウドサービスへの対応が主な相違点。また、最近公開されたV5向けの最新ファームウェアを適用することでTP-Link Meshテクノロジー「OneMesh」なるメッシュネットワークの構築が可能になったのも大きなトピックのひとつとなっています。