カテゴリー: デジタル

Power Delivery対応のコンパクトなモバイルバッテリー『Anker PowerCore 10000 PD Redux』

Anker PowerCore 10000 PD Redux(モバイルバッテリー 10000mAh 大容量)【PSE認証済 / Power Delivery対応 /低電流モード搭載】 iPhone & Android 各種対応USB Type-Cに対応したデバイスの普及でレガシー規格となりつつあるmicroUSB。

充電速度やケーブルの汎用性で劣るmicroUSBに未来を見出すことはもはや不可能ですし、一部の機器のためだけに複数のケーブルを持ち続けるのも面倒なのでType-Cへの一本化を段階的に…ということで、2013年に購入した容量6,000mAhのモバイルバッテリー『cheero Power Plus 2 mini』の後釜としてType-CによるPower Deliveryにも対応した『Anker PowerCore 10000 PD Redux』を購入しました。

わたしにとって山行時や屋外撮影時がモバイルバッテリーの主な活用シーン。スマホの充電や撮影中に結露を防ぐためのレンズヒーターへの給電などが使途でバッテリー容量は大きいにこしたことはありませんが、ザックや撮影機材などヘビーな装備との兼ね合いで無駄に重たく嵩張るモバイルバッテリーは持ち歩けません。

そんなわたしにとって手のひらサイズの『cheero Power Plus 2 mini』はジャストサイズで長らく重宝していたのですが、6年半近い使用でバッテリーの劣化が否めなくなってきたのでこれに代わるアイテムとして目星をつけたのが『Anker PowerCore 10000 PD Redux』になります。

Anker PowerCore 10000 PD Redux

バッテリー容量10,000mAhで昇降圧に伴うロスを考慮しても容量3,000mAhのMoto G7 Plusなら2回はフル充電出来ます。

USB2.0規格のType-C to Type-Cケーブル

BUFFALO TypeCケーブル C-C 0.5m ホワイト BSMPCCC105WHAnkerのUSB PD対応薄型USB急速充電器『Anker PowerPort Atom III Slim』に組み合わせる短めのケーブルとして先日エレコムのUSB3.1ケーブル『MPA-CC13A05NWH』を購入しましたが、USB 3.1対応ともなるとノイズの干渉を防ぐシールドが厳重でケーブルが固く取り回しが悪すぎる…ということでこちらは開発用途に回し、改めて充電専用の短いType-C to Cケーブルを調達することにしました。

今回購入したのはBUFFALOが販売しているUSB2.0規格のType-C to Type-Cケーブル『BSMPCCC105WH』。USB2.0仕様のためデータの転送速度は制限されますが、スマホの充電などにしか使用しないのでこれで十分。ケーブルの外皮にはTPE(熱可塑性エラストマー)素材が採用されており、柔軟性に優れている点も決め手となりました。

Amazon.co.jpのレビューの中に「ケーブル被膜が黄色く変色した」といった書き込みがありましたが、たしかにコネクターの根元を保護するラバーブッシュ部が黄色い…。このくらいなら許容範囲ですけど、あまりに酷くなるようなら他を探さないといけなくなるかも。

USB2.0規格のType-C to Type-Cケーブル

サイバーマンデーセールで『Echo Show 5』をゲット

新登場 Echo Show 5 (エコーショー5) スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、チャコールAmazon.co.jpのサイバーマンデーセールで今回の目玉のひとつとなっていた『Echo Show 5』を入手しました。

定価の9,980円でも十分お買い得だと思うのですが、これが今なら半額以下の4,980円。正直買わない理由が見当たりません。Amazonさん、GoogleのNestシリーズを完全に潰しにかかってますね…(汗)。

Echo Show 5が従来のスマートスピーカーと違うのは5.5インチの液晶画面を備える点。Google Homeに加え、第2&3世代のEcho Dotを愛用してきたわたしからすると画面が付いたものを「スマートスピーカー」と称することに違和感を覚えなくもないのですが、音声に加え視覚でも応答を捉えられるようになるのですから当然利便性は向上します。

Echo Show 4

画面が付いたことで従来のEchoシリーズのような円筒型ではなくなりましたが、第3世代のEcho Dotと比べ音が悪くなったようには感じません。デフォルトだと低音が少しくぐもった感がするものの、イコライザーで調整すればバランスは大きく改善します。

専用アプリを使わずに「ギガぞうWi-Fi」の『Wi2eap』に接続

BIC SIM(≒IIJmio)の長期利用ユーザ向け特典としてWi2(Wire & Wireless)の公衆無線LANサービス「ギガぞうWi-Fi」のBIC SIM専用プランの提供が始まりました。

これまでもBIC SIMユーザはWi2の提供する「Wi2 300」を利用可能でしたが、回線の不安定さに加え通信の安全性の不安も大きくとても使えたものではありませんでした。一方、今回新たに追加された「ギガぞうWi-Fi」ではEAP-TTLS対応で高品質なSSIDが使用出来るほか、専用アプリを利用することで既存のWi2 300や街中のフリーWi-FiをVPN経由で利用出来るようになるなどセキュリティ面での改善が図られていることが大きな違いのよう。

で、さっそく手持ちのスマホに専用アプリを入れて数日使ってみました。EAP-TTLS対応の新SSID『Wi2eap』はラッシュ時間帯のターミナル駅のでも必要十分な速度が出ており貧弱なIIJmioの回線に頼るより遥かに快適にネット接続出来ました。一方、Wi2 300のAPやフリーWi-Fiを介した接続は元々の回線の細さに加え、VPNによるオーバーヘッドも大きくあまり実用的ではない印象。おまけに、専用アプリのバッテリー消費の大きさも気になります。

接続設定さえ分かれば専用アプリ無しで『Wi2eap』にだけ繋げられるのに…と思ったのですが、Android用の設定は公開されていない模様。ただ、ユーザー向けの「よくあるご質問」を見ていたところWindows用の設定が載っていたので、そこから情報を抜き出してAndroid用に整理し直すと下記の通り。

コンセントタイマーに代えてTP-Link WiFiスマートプラグを導入

TP-Link WiFiスマートプラグ 2個セット 遠隔操作 Echo シリーズ / Googleホーム / LINE Clova 対応 音声コントロール ハブ不要 3年保証 HS105P2クリスマスツリーのLEDや電気蚊取り器、防犯用に旅行中窓辺に置いた照明などをON/OFFさせる目的で使用していたコンセントタイマー『REVEX 簡単デジタルタイマー(PT70DW)』ですが、LED表示が映らなくなり設定していたタイマーによる切り替えも機能しなくなってしまったので故障と判断。

それほど複雑な機械でもないのに購入から4年での故障は腑に落ちませんが、保証期間は過ぎているし修理に出す方が高くつくのは明らかなのでやむなくゴミ箱行き。残念。

今年も玄関に飾り付けたクリスマスツリーを夜だけ点灯させるのに同様のアイテムが必要ですが、同じような製品を買っても機能的に変わり映えしませんしまたすぐに壊れるかもしれません。それならいっそ…と『TP-Link WiFiスマートプラグ 2個セット』を購入してみました。

TP-Link WiFiスマートプラグ 2個セット

USB-IF認証済のUSB PD(60W)対応Type-Cケーブル

エレコム USB TYPE C ケーブル タイプC (USB C to USB C ) 3A出力で超急速充電 PD対応 USB3.1(Gen1) 0.5m ホワイト MPA-CC13A05NWH先日購入したAnkerのUSB PD対応薄型USB急速充電器『Anker PowerPort Atom III Slim』に組み合わせる50cmくらいの短めのケーブルを探したけれどなかなかいい感じのものが見つからず。

最大100Wを扱うUSB PDでは下手なケーブルを使うと機器が壊れるどころか下手する火事にもなりかねないのでUSB-IFの正規認証を受けたケーブルを選ぶのが一番安心なのですがどれも長すぎたり色が合わなかったり…。

全力で探してみた限り現状唯一条件を満たしているのはエレコムの『USB3.1ケーブル(C-C、PD対応)(MPA-CC13A05NWH)』くらいしかないということで購入してみました。

MPA-CC13A05NWH

USB TYpe-C to CケーブルはUSB2.0までしか対応していなかったりUSB PD非対応だったりする商品も入り混じっていて混沌としているのですが、こちらは最大5Gbpsでの転送が可能なUSB3.1 Gen1ケーブルで最大60W(20V,3A)のUSB PDに対応、USB-IFの認証も取得とほぼ「全部入り」。