月別: 2005年11月

「Firefox 1.5」正式版リリース

本日「Firefox 1.5」の正式版がMozilla Foundationより公開されました。対応OSはWindows XP/2000/Me/98/NT 4.0、Windows Server 2003、Mac OS X 10.2以降、Linuxなどで、日本語版も同時公開されています。

2004年11月に公開された「Firefox 1.0」から約1年ぶりの大規模バージョンアップで、アップデートの自動化、ブラウザナビゲーションの高速化、ドラッグ&ドロップでのタブの順序入れ換え、ポップアップ遮断機能の改善などが図られています。

IEでは成し得ないセキュアなブラウジングはもちろん、便利なタブ機能や描画速度の速さなどから1.0リリース直後から爆発的にユーザーを拡大したFirefox。まだインストールしてない人は是非お試しあれ。

I-O DATAのポータブルHDD「HDP-U」シリーズにウイルス混入

I-O DATA USB2.0/1.1対応 耐衝撃シリコンジャケット採用 ポータブルハードディスク 80GB [HDP-U80]先日購入して、ここでも製品紹介を行ったI-O DATAのポータブルHDD「HDP-U」にトロイの木馬型ウイルスが混入している恐れがある、との情報が入ってきました。

対象となるのはすでに発売されている40GB~80GBのラインナップすべて。(100GB、120GB版は未発売)それの中でウイルス混入の恐れのあるシリアル番号がI-O DATAのホームページ上で公開されています。うちの『HDP-U80』のシリアルも対象に入っていましたが、実際にウイルス混入は無し。I-O DATAの方でも対象を完全に絞り込めていないのではないでしょうか。

仮にウイルスが混入した製品を買ってしまったという人でも、ウイルス対策ソフトをインストールしていれば接続した段階で検出されるはずなので、多くのケースでは実害に至っていないんでしょうが、「セキュリティ対策って何?」的な初心者ユーザーは至急確認した方が良いでしょう。

なお、該当する製品は、ユーザー各自でウイルス除去を行い対処する手段と別に、希望する場合は製品の交換にも応じてくれるとのこと。申し込みはホームページから。

Virtual Server 2005上でDebianの時間がはげしく遅れる【更新:カーネルの不具合が原因と判明】

Microsoft Virtual Server 2005 Standard Edition 日本語版私が会社で管理しているラックマウントサーバ群の中にあるWindows Server 2003 Enterpriseをインストールしたテスト環境に『Microsoft Virtual Server 2005』(以下、VS2005)を導入して実用に耐えうる性能を有しているかどうかの検証を行いました。

VS2005は実環境(ホストOS)上に仮想環境(ゲストOS)を構築して動かすエミュレータの一種で、1台の端末で複数のOSを稼働させることを可能とするもの。この手の技術で先んじるVMwareに負けじと「Virtual PC」で知られるConnectix社から獲得した仮想マシン技術をもとにリリースされたのが今回試用するVS2005になります。

インストールしたら仮想PCの構成(メモリ量、ハードディスク容量、ネットワークなど)を決め、そこにゲストOSを入れるだけ。手始めにWindows XPを導入してみましたが、コンソールを介してリモート操作するため動きに若干のもたつきを感じるものの思ったよりは軽快に動作してくれています。

ThinkPad T42に目をやられT43に変更

作業の効率アップを狙って1,400×1,050までの表示可能が可能な高解像度液晶をオプション採用した『ThinkPad T42』(23736AI)を昨年購入したのですが、このパネルがどうにも曲者で使用開始からほどなくして激しい眩暈に見舞われるようになっていました。

他の端末ではなんてことないのですが、この端末だけは半日と使っていられず酷い時には吐き気まで催す始末。不安になって駆け込んだ病院でも「VDT症候群で間違いないでしょう」と診断されたこともあり、無理を言って経費を確保して通常解像度の『ThinkPad T43』(187139J)を購入。

今回選択したT43と以前のT42の外観は瓜二つで相違点といえばヒンジ付近に印字された型番表示くらい。スペックもT42のPentiumM 735(1.7GHz)、i855PMチップセット、ATI MOBILITY RADEON 7500、RAM 1GB(DDR)に対しT43はPentiumM 740(1.73GHz)、i915GMチップセット、Intel GMA900、RAM 1GB(DDR2)と微々たる差なので体感できるほどの違いはありませんが、折角なのでベンチマーク比較しておきましょう。

ニコンのデジタル一眼レフカメラ用充電池に不具合

Nikon ENEL3 Li-ionリチャージャブルバッテリーニコンはデジタル一眼レフカメラ用充電池『Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL3』の一部に発熱による変形や発火の恐れがあるとして回収・交換を実施する旨の発表を行いました。

対象は製造ロットの上3桁が44A、46A、47A、48A、49A、4AA、4BA、4CAではじまるもの。『Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL3a』や『Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL3e』は対象外とのこと。

EN-EL3は『Nikon D100』や『Nikon D70』、『Nikon D50』などの付属品として出回っていたほか、後継のEN-EL3aとは完全互換が保たれているので『Nikon D70S』で利用するために別途買い求めた方もいるものと思われます。これらの機種をお使いの方は早めにご確認を。

なお、わたしの所有している『EN-EL3』は3つとも回収対象ではなかったようで一安心です。

2015/12/07 追記

昨日、回収・交換対象ロットの追加発表が行われています。

新たに追加されたのは51AA、51AB、51AC、51AD、51AE、51AF、51AG、51AH、53AA、53AB、54AE、54AF、54AH。今回の追加分はすべて国内未出荷の製品であるため日本国内での利用者は少ないと思われますが、海外旅行先で調達したりネット通販で並行輸入品を購入した覚えのある人はチェックしてみましょう。

『Nikon D200』発表

Nikon デジタル一眼レフカメラ D200 ボディ本体ニコンからプロ/ハイアマ向けのデジタル一眼レフカメラ『Nikon D200』が発表されました。12月16日発売開始で店頭予想価格は20万円前後の見込み。

2002年6月に発売されたD100の後継機にあたるD200ですが、だいぶ間が開いたこともあってその繋がりはあまり感じられません。筐体デザインやスペックを見る限り『D70』をベースに開発された上位機種的な雰囲気。

APS-Cサイズ(DXフォーマット)の有効1,020万画素CCDを採用し、感度はISO100~1600に対応(D70はISO200~)。オプションでGPSやバッテリーグリップも用意され、D70シリーズには欠けていた部分はしっかりカバー。なお、製品の写真を見る限りレリーズはアナログ式ではなく、D70Sで採用されているUSB接続のデジタルレリーズを使用するようだ。その他、新開発のID機能付きバッテリの採用などが目をひきます。

3年ほどハイアマ向けの中位機種のリリースが止まっていたニコン、このD200のリリースを待っていた人も多いのでは?