Microsoft『IntelliMouse Explorer』に変えてみた

マイクロソフト オプティカル マウス IntelliMouse Explorer B75-00095自宅のデスクトップPCでこれまで使用していたマウス『Microsoft IntelliMouse Optical』ですが、購入後3年近く経過し表面の変色やコードの痛みが目立ってきたので新しいマウスを購入しました。

今回選らんだのは『Microsoft IntelliMouse Explorer』。マイクロソフト製マウスは他社製品に比べるとサイズが少し大きいために好みの分かれるところなのですが、手のひらサイズが若干人より大きいうえに仕事などで一日の大半マウスを握っている私にとってはちょうど良いサイズです。また、これまで使っていたIntelliMouse Opticalとは違って右利きに特化したデザインとなっているために手首もすごく楽に感じます。コンピュータ相手という仕事柄肩こりは持病になっていますが、すこしは傷みが緩和されると良いな~、なんて思ってます。


ただ、気になる点もひとつ。『IntelliMouse Explorer』ではホイール動作のレスポンスがちょっと悪いような気がします。ゆっくりと回転させる分にはそれほど気にならないのですが、一気に画面をスクロールしようと速めにホイールを回そうとすると、これまで以上にホイールを転がす必要があるようです。まもなく冬モデルが一斉に発売になりますが、この点は改善されていることを期待したいところです。

チャタリング発生のため交換対応に(2006-12-06)

購入から1年ちょっとしか経っていませんが、最近調子が悪くクリックを認識してくれなかったり勝手にダブルクリックされたり…いわゆるチャタリングと呼ばれる状態に陥ってしまいました。

ただ、幸いなことにマイクロソフト製のマウスは5年保証。マウスという製品そのものが消耗品なのでどこまで対応してくれるか不安でしたが、一応確認してみたところ新しいマウスを送ってくれるとのこと。

新しく送られてくるマウスは長持ちしてくれるとよいなぁ。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。
    メールアドレスが公開されることはありません。

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.