大川で新居用家具の手配

6月初旬に完成するマイホーム用にソファー、ダイニングセット、ローボードなどの家具の買い換えを計画しており年明けから家具屋さん巡りを行っています。

福岡市とその近郊はSAKODA、IKEA、大塚家具、中村家具、太陽家具、城山家具、TWO-ONE STYLE、BiVi…など多くの家具店がひしめく激戦区なだけに全てを見て回るのは不可能ですが、安い買い物ではありませんし長く使うものでもあるので時間の許す限りお店を巡って様々なアドバイスを頂きながらめぼしい商品をチェック。

消費増税前の今のうちに購入し先払いしておけば多少なりとも節約にもなりますし、3月は新生活の準備で家具を買い求める人も多いため安くて良い商品が入手が難しくなるといった話しも聞いていたので今月中に頼めるものは頼んでおこうと候補の絞り込みを始めていたのですが、工務店のデザイナーさんから「大川も見に行った方がいいですよ」と言われ足をのばしてみました。


日本一の家具生産地である大川は福岡市内から車で1時間ちょっとで行ける距離にありながら「国産家具ってさぞかしお高いんでしょう?デザインも民芸品みたいなのしか無いんじゃ…。」という勝手な思い込みから全く考慮に入れていなかったのですが、紹介してもらったお店を訪ねてみてビックリ。大手家具販売店やセレクトショップにも卸しているアイテムを含むお洒落な家具も沢山並んでいたうえ、価格も高価格帯のものから生産地直売という利を活かし市価より相当お買い得感のある商品まで幅広いラインナップ。宝探しでもしているような気分で店内を見て回っているとわたしたちの理想にピッタリなオットマン付きソファーを発見しその場で購入決定。

ダイニングセットも気になるものを見つけていたのですが、使用しているウォールナットの無垢材の色が新居のダイニングとマッチするか自信がなかったのでこちらは日を改め床材のサンプルを持って再訪。遠征ついでに大川市内とその周辺に多数点在している他の家具屋さんやショールームを時間の許す限り見て回りましたが、やはり前回目をつけていたものが一番理想の形に近かったのでそちらを注文。前回購入手続きを済ませておいたソファーとあわせて6月に搬入してもらうようお願いしてきました。

生産地直売だけあって作っている人の顔が見える安心感に加え、想定よりも随分お買い得で予算内に収まったこともあり大満足の大川遠征でした。

大物家具の手配を終え、年明けから行っていた家具屋巡りはひとまず終了。買い揃えないといけないものはまだまだ沢山残ってますが、あとはネットを駆使するなどして効率的に準備していこうと思います。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。
    メールアドレスが公開されることはありません。

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.