「IIJmioひかり」申込み開始!早めの登録で追加割引も

本日詳細情報の公開と予約受付が始まった「IIJmioひかり」をさっそく申し込んでおきました。

IIJmioサービス お申し込み承りのお知らせ

この度は弊社IIJmioサービスにお申し込みいただき誠にありがとうございます。
下記の通りお申し込みを承りましたのでお知らせいたします。

● お申し込みいただいたサービス及び情報

(1) IIJmioひかり
サービスコード : imh????????
契約プラン : ファミリー
コンサルティング日 : 2015年3月2日
回線敷設先住所 : ???????????????????????????
開通工事・転用処理日 : 調整中 (確定次第別途お知らせします)

(2) IIJmioひかり電話
サービスコード : imt????????
利用・課金開始日 : 調整中 (確定次第別途お知らせします)

* 本メールの到着後、お申し込み手続きの際にご指定いただいた希望日に、
ひかりプロビジョニングセンターより光回線の開通・切り替え日程の調整
のため、お電話でご連絡差し上げます。

* お申し込み情報に訂正がある場合、コンサルティングの際にあわせて承り
ますので、コンサルティングのご連絡があった際にお申し付けください。

* お申し込みの内容は以下のIIJmioホームページからもご確認いただけます。
なお参照するには、mioIDとパスワードが必要ですのでご用意ください。
https://www.iijmio.jp/customer/contract/

* お申し込み内容に不備等がある場合、お申し込みをお断りさせていただく
こともありますので、ご留意ください。

以上

今回は既設のフレッツ回線から転用なので転用承諾番号の入力を求められますが、こちらは「CLUB NTT-West」からオンラインでサクっと発行可能。もともとIIJmioのIDを有していることもあってものの数分で手続きは完了しました。


サービスの概要は事前に公開されていましたが、4/30までに申し込むと2年間に渡ってMVNO回線の契約数に応じ各150円が追加で割り引かれる「スタートキャンペーン」なる施策が新たに追加されています。月額600円が割り引かれる「mio割」とあわせればお得感UPですね。

一方で転用時にNTTから貸し出されているひかり電話対応ホームゲートウェイの扱いがどうなるかといった点は未だ曖昧なまま。一部では「ホームゲートウェイは光回線の一部なのでそのままNTTからレンタルが継続される」なんて話しもあるようで、同社のいう「機器レンタル料」としてその費用が徴収されるのか?はたまたNTTに支払う必要があるのか?などは不明。光コラボレーションモデルについてはNTTも含めどの事業者も手探りな部分があろうかと思うので致し方ないとは思いますが、サービス開始当初は多少の混乱が予想されます。

なお、実際にIIJmioひかりが使用出来るようになるのは3月に入ってから。申込者に対し個別にサービスに関する案内等があり、切替日を決定する模様です。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。