リモートデスクトップ接続でChromeブラウザがうまく機能しない場合の対処法

外出先から自宅のノートPC内のデータにアクセスする時のためGoogle Chrome用の拡張機能「Chrome リモートデスクトップ」を利用しています。

接続先端末の液晶を閉じてもスリープしないよう設定して常時接続可能な状態にしているので、電源さえ入っていればどこに居ても自在に操作出来るので出張中など大変重宝しているのですが…あれれ?リモートでChromeブラウザだけがうまく機能しなくなってる。ブラウザ自体は起動するのだけれど画面描画がなされない状態。

気になって色々試してみると接続先の液晶が閉じられた状態の時だけChromeブラウザの描画が正常に動作しなくなっている模様。以前は問題なく動作してたのでWindows 10以降で生じる問題だと思われますが以下の設定で対処は可能。


Chromeブラウザの[設定]より「詳細設定を表示」を開き、「ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は使用する」のチェックを外すだけ。

リモートデスクトップ接続でChromeブラウザがうまく機能しない場合の対処法

Windows 10ではスリープを無効にしてても液晶が閉じられると節電のためGPUはお休みしちゃうのかしらん?

Chromeブラウザのハードウェアアクセラレーションについては以前VMWareでも問題が生じてハマった経験があるので、OSのバージョンや接続ツールの種類を問わずリモートでChromeブラウザの動作に問題が生じた場合は同設定を弄ってみると良いかもしれません。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。