NIKKOR(ニッコール)レンズ発売80周年

ニコンの写真用レンズ「NIKKOR(ニッコール)」が発売から80周年を迎えました。

NIKKOR(ニッコール)レンズ発売80周年

1933年に販売された航空写真用レンズ「Aero-Nikkor(エアロニッコール)」を皮切りに、常に時代の最先端の光学技術が組み込みながら積極的な商品開発を続けてて現在に至るNIKKORレンズ。1959年から続く不変の「Fマウント」や近年登場したレンズ交換式アドバンストカメラ用「1マウント」用交換式レンズの幅広いラインナップに加え、レンズ一体型のコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX」シリーズにも搭載されるなど高性能レンズブランドとして魅力的な製品が市場に投入され続けています。

わたしが生まれるより遥か以前、戦前からの歴史を辿る系譜のレンズを今手にしているのだと思うと感慨深いものがあります。

Galaxy S(SC-02B) 2.3.6(LL1)のroot化

先日公開されたAndroid 2.3.6ベースの最新アップデート「LL1」を適用したGalaxy S(SC-02B)をさっそくroot化してみました。

Galaxy Sの2.3.6系に対応する”お手軽root化ツール”が現状存在しませんので、今回も昨年ご紹介した2.3.6(LC4)のroot化と同様に旧2.3.3(KF2)のROMに戻してroot化した後に端末単体でのアップデートを行うことでrootを引き継ぐという方法でroot奪取に成功。この方法は出所の怪しいカスタムカーネルに頼る必要がありませんので安全にrootを奪取することが可能です。

念のためやり方をあらためて整理しておきますが、参考にされる方はあくまで自己責任でお願いします。(フォローやサポートは致しかねます)

ニコンの保護フィルタ『Nikon ニュートラルカラーNC』

Nikon ニュートラルカラーNC 77mm年末から新たに購入する望遠レンズを『AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II』にするか昨年末にリリースされた少し価格の安い『AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR』にするかで随分迷っていてキタムラやヨドバシで実際に試用させてもらって描画性能を比べてみましたが、やはり描画性能に関してはニーニッパ(70-200mm f/2.8G)の方が格段に上。ニーヨン(70-200mm f/4G)は最新VRや軽さによる機動性の良さといったメリットはあるものの写りに関してはニーニッパと比べるまでもなく、周囲からの「そもそも目指してる方向性が違うレンズなので比較すべき対象ではないよ」とのアドバイスも受けてニーニッパ購入の方向で吹っ切れました。

発売されたばかりでまだ価格のこなれていないニーヨンとニーニッパの価格差はそれほど大きくないものの当初予定していた予算を僅かにオーバーしてしまい追金が必要になるので購入は来月にする予定ですが、その間にまた色々な考えが巡ってフリダシに戻ってしまっては面倒なので自分を追い込むべくニーニッパに適合するニコン純正の保護フィルタ『Nikon ニュートラルカラーNC(77mm)』だけ先に購入してみました(笑)。

Galaxy S(SC-02B)のアップデート 2.3.6(LL1)

最近はすっかり出番もなくなり引き出しの奥で休眠状態のGalaxy S(SC-02B)ですが、先日最新のアップデートがドコモより公開されたので適用してみました。

更新方法は以前のアップデートと同様に端末をPCに接続した上でSamsung純正のソフトウェア「Kies」を経由して行う方法か、端末単体で「ソフトウェア更新」を行うことで適用可能です。

なお、root化済み端末でframework-res.apkを編集してAndroid標準のテザリングを有効にしている場合に端末単体で「ソフトウェア更新」を行うとアップデートに失敗するのはこれまでと同様と思われますので事前にframework-res.apkを元に戻しておくか、一旦rootは解除されますがKiesを使ってアップデートを行った後で改めてroot化・テザリング有効化を行ってください。

サラ・ブライトマン『ドリーム・チェイサー(夢追い人)』

ドリーム・チェイサー(夢追い人)サラ・ブライトマン4年ぶりのニューアルバムとなる『ドリーム・チェイサー(夢追人)』がリリースされました。いつものようにAmazon.co.jpで予約注文していたのですが今回は珍しく発売日当日に到着。常にこうだと嬉しいのですけど…。

閑話休題。2015年にロシアの宇宙船ソユーズに搭乗して国際宇宙ステーション(ISS)に滞在するという計画を発表した彼女。『ドリーム・チェイサー』というタイトルはスペースシャトルの後継として開発がすすめられている宇宙船の名前と同じで、楽曲も宇宙の壮大且つ神秘的・幻想的な雰囲気を強く感じさせるアンビエントな雰囲気に仕上がっています。

日本盤にはボーナス・トラックとして宮崎駿作詞、久石讓作曲による「となりのトトロ」の挿入歌『風のとおり道』が収録されています。日本語の歌詞のままサラが歌っているというのでどんなものか楽しみにしていたのですが、日本語の片言感がなんともいえません(苦笑)。数年前にはEnyaも日本語の詩による『Sumiregusa 菫草(すみれぐさ)』をアルバムに収録してましたが、あちらの方が自然な感じではありましたね。

ニコンのレンズ裏ぶた『LF-4』

Nikon LF-4 レンズ裏蓋 LF-4普段愛用の一眼レフデジタルカメラ『D300S』には常用ズームとして『AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6G ED VR』を付けっぱなしにしているのですが、先日の記事にも書いたように『AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II』または『AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR』を近日中に購入予定でそれ以降はレンズ交換の頻度も高くなると思われるのでレンズの裏ぶたが欠かせません。16-85mmに付属していたニコン純正のレンズ裏ぶた『LF-1』をそのまま使用しても良いのですが、2010年にリニューアルしたレンズ裏ぶた『LF-4』がリリースされているのでをそちらを入手。

130115_LF-4 - ニコンのレンズ裏ぶた『LF-4』

価格はヨドバシカメラで1つ370円で紛失に備えて2つ購入しておきました。

1 2