Galaxy S(SC-02B)のテザリング解放【要root】

折角root奪ってるんだったらやるっきゃないでしょう!ということでGalaxy S(SC-02B)のテザリングを使えるようにしてみました。

Androidにはもともとテザリング機能が備わっていますが、ドコモなどの国内携帯キャリアから発売される端末ではそれが隠してあるので復活させるだけ。最近のドコモのスマートフォンは一応「テザリング対応」ということにはなっていますが、あれはドコモが独自に組み込んだもので別途追加料金が発生するボッタくり機能。Android標準のテザリングを使えば通常のパケット定額の範囲内でテザリング使い放題です。

  1. PCにAndroidのSDKを導入し、adbコマンドへのPathを通しておく。(やり方はググればいくらでも出てきます)
  2. ホーム画面より[設定]-[アプリケーション]-[開発]と辿り”USB デバッグ”にチェックを入れてGalaxy S(SC-02B)をPCと接続。コマンドプロンプトを起動して下記コマンドを叩いて”framework-res.apk”をPCにコピーしてくる。

    C:\>adb pull /system/framework/framework-res.apk

  3. xdaからapk managerをダウンロードして解凍。apk managerフォルダ配下の”place-apk-here-for-modding”というフォルダにさきほど取得した”framework-res.apk”をコピーしておきます。
  4. apk manager フォルダ直下の”Script.bat”を起動し、下記の通りオペレーションを行うと apk manager フォルダ配下の”projects”フォルダ内に”framework-res.apk”が展開されます。
      ⇒ 「22」(Set current project)を入力してEnter
      ⇒ 「1」(framework-res.apk)を入力してEnter
      ⇒ 「9」(Decompile apk)を入力してEnter
      ※ apk manager のプロンプト画面はそのままで次のステップへ。
  5. apk manager フォルダ配下の projects/framework-res.apk/res/values/arrays.xml をテキストエディタで開き、次の通り編集して保存。
    (変更前)
    <array name="config_tether_wifi_regexs" />

    (変更後)

    <string-array name="config_tether_wifi_regexs">
        <item>wl0.1</item>
    </string-array>

      ※ここを間違えると起動しなくなったりするなど色々厄介なので要注意!

  6. apk manager のプロンプト画面に戻り、下記の通りオペレーションを行うことで”framework-res.apk”を固めなおします。
      ⇒ 「11」(Comile apk)を入力してEnter
      ⇒ 「y」を入力してEnter
      ⇒ 「y」を入力してEnter
      ⇒ 「続行するには何かキーを押してください …」と表示されたら”keep”フォルダ内の「resources.arsc」ファイルを削除。プロンプト画面で何かキーを叩いて次へすすめる
      ⇒ “place-apk-here-for-modding”フォルダの配下に”unsignedframework-res.apk”が出来ていることを確認。これを”framework-res.apk”にリネームしてGalaxy S(SC-02B)のSDカードにコピーしておく。
  7. Androidマーケットより「ESファイルエクスプローラ」を検索してGalaxy S(SC-02B)にインストール。起動後、[設定]-[Rootオプション]の[Rootエクスプローラ]と[ファイルシステムをマウント]にチェックを入れる。
    /sdcard/external_sd 配下にさきほどコピーした”framework-res.apk”があるのでこれを長押しでコピー後、左上のSDカードのようなアイコンでシステムフォルダに移動し、/system/framework 配下に貼り付ける(上書き)。コピー後しばらくすると勝手に再起動します。
  8. Androidマーケットより「Mobile AP Shortcut」をインストールしたら作業完了です!

テザリング解放の手法を確立した先人達に感謝。言うまでもありませんが、参考にされる場合はあくまで自己責任でお願いします。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。