ドコモショップでもガラスマのソフトウェア更新は出来ない

嫁用に購入したばかりの『AQUOS PHONE SH-01D』ですが、初期状態のOSバージョンが2.3.5と古かったためソフトウェア更新で公開中の4.0.4へのアップデートを試みるもSPモードかmoperaの契約無しには実行出来ない制限が施されていたので、同じ仕様によりアップデート出来ないまま放置していた開発・テスト用端末の『F-03D Girls’』も併せ持って近所のドコモショップへ。

過去にネットで「ドコモショップに行けばソフトウェア更新してくれる」という記述を何度か見かけていたので迷うことなくドコモショップに行ったのですが、SPモードかmoperaでしか更新できないSH-01DやF-03D Girls’のような国内メーカーの一部端末に関してはドコモショップでも対応出来ないらしい。(「一部の非正規店の中には店員が個人のSIMを使うなどしてやってあげてるところがあるかもしれないが…。」とのこと)


ソフトウェア更新のためだけにSPモードを契約したり、今時SPモードやmoperaを使っている人を探し出してSIMカードを貸してもらうというのも面倒な話しだ…と思っていると、1週間ほどの預かりにはなるが「ソフトウェア更新の不具合」という名目でメーカーに送れば最新化は可能ということでどうせ急を要する予定もないので2台とも預けてきました。

再度受け取りに行く手間はかかりますが、代替機不要での修理ということになるためドコモポイントが各300ポイントずつ貰えたのでそれほど悪い話しではなかったかな。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。