Google、Nexus端末への最新OS提供期間延長と月例セキュリティアップデートの提供を発表

昨日、米Googleの公式Blogに於いてNexus端末向けに今後月例セキュリティアップデートを提供していく旨の発表が行われました。

対象となる機種はNexus 4/5/6/7/9/10及びNexus Playerで、Google Developersではさっそく最新のFactory Imageとなる5.1.1(LMY48I)が公開されています。この月例アップデートは端末リリースから3年もしくはGoogleストアで端末販売が終了してから18ヶ月間は実施されるとのこと。

またこの発表内ではNexus端末へのメジャーアップデートの保証期間の延長についても言及がなされており、これまでの端末発売から18ヶ月を2年間に変更するとされています。

これがきっちり守られるとすると2012年7月にアメリカでの販売が始まった(日本では同年9月発売)初代Nexus 7(2012)には月例アップデートと次のメジャーアップデート「Android M」は提供されないことになります。実際、Google Developersでも同端末向けの最新ビルドは公開されていませんので長らく優遇を受けてきた同端末もいよいよフェードアウトしていくのか…と思われますが、よく見ると発売後3年に満たないLTE版のNexus 7(2013)もFactory Imageは古いまま。ひょっとすると対応が後回しになっているだけかもしれません。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。