タグ: トラベル

門司港散策

今日は天気が良かったので昼すぎから門司港レトロ地区へ嫁と遊びに行ってきました。以前、山口の角島へ遊びに行った帰りにバタバタと立ち寄ったことはあるのですが、昼間にゆっくり見て回るのは初めてなのでなかなか楽しかったです。

レンガ造りの古い商館などが再現された町並みを一通り見た後は北九州出身であるわたせせいぞうさんの作品を展示した「わたせせいぞうと海のギャラリー」と海峡ドラマシップ脇のわたせさんの壁画を見物。その後中心地に戻るとたまたまやってたKBCラジオの公開収録会場から聞いたことのある声…おすぎとピーコだ!二人揃ったところを生で見る機会はなかなか無いのでトークをしばし鑑賞。日が暮れてから名物の焼きカレーを食べて帰ってきました。

門司港散策

九重"夢"大吊橋へ行ってみた

せっかくの好天に加え明日からガソリンも値上がりするというので、ドライブを兼ねてまだ行ったことのなかった九重”夢”大吊橋へ。

九重"夢"大吊橋へ行ってみた

山登りが趣味なので九重には年に何度も行っているのですが、オープン当初からすごい人出で吊橋方面はいつも渋滞していたので今まで避けていたのです。今回も渋滞を覚悟していたのですが、駐車場は8割埋まる程度で渋滞は無し。さすがにオープン後1年以上経過しているので、客足も落ち着いてきたんでしょうかね。

広島に遊び行ってきました

ゴールデンウィークの混雑を嫌って一足早く遠出しようと思い、週末に1泊2日で広島へ遊びに行ってきました。

朝一で福岡を発ち途中サービスエリアで休憩を挟みながら約4時間ほどで広島に到着。お昼に食べた八丁堀のお好み焼き屋「みっちゃん」はソバがカリっと焼いてあっておいしかった!!観光名所が少ないと言われる広島市ですが、原爆ドームや市民球場、本通商店街や駅周辺をぶらぶらするだけでも楽しいものです。

宿泊は三井ガーデンホテル広島を予約してましたが、こちらは選択ミス。客室最上階のスーペリアルームで眺望は最高だったのですが、上の階のレストランから深夜まで椅子を引く音が漏れ聞こえてきて五月蝿いのなんの。おまけに壁もドアも薄くて、隣室どころか廊下を挟んだ向かいの部屋の喋り声まで聞こえてくるのでロクに眠れやしませんでした。何度フロントに文句言って部屋を変えて貰おうと思ったことか…。

翌日は宮島の厳島神社と岩国錦帯橋を見て帰福。

広島に遊び行ってきました

広島に遊び行ってきました

車の運転は嫌いじゃないとはいえ片道4時間の行程に加え、夜眠れないとなるとさすがにヘロヘロ…。とはいえ天気に恵まれて幸いでした。

天草・通詞島でイルカウォッチングを楽しむ

天草諸島の北端に位置する熊本県五和町通詞島(つうじしま)周辺の海は野生のバンドウイルカに出会えるスポットとして有名です。

有明海は日本一といわれる潮の干満差により生じる潮流と起伏に富んだ海底地形、さらに有明海に流れ込むいくつものの河川からもたらされる豊かな栄養素によりたくさんの魚が生息する海域として知られており、この魚たちをエサとする約300頭のバンドウイルカが通詞島周辺を中心に生息しているそうです。日本近海でイルカが根付くのはとても希なことらしく、こうした環境のおかげで一帯は一年を通してイルカに会うことのできる絶好のイルカウォッチ・スポットになっています。

先日、そんな通詞島のイルカ達に会いに行ってみました。

イルカの群れと過ごす癒しの時間

九州本土から天草・通詞島に向かうには熊本県側から天草五橋を使うルートのほか、長崎県島原半島南端の口之津港からカーフェリーを利用する方法があります。時間と予算に余裕のある場合は長崎ルートを辿って雲仙や小浜の温泉で一泊、翌朝フェリーで天草に向かうのがオススメ。フェリーの到着する天草鬼池港から車で15分ほど海岸沿いを走ったところにあるのが通詞島です。

通詞島とそこに向かう海岸沿いの道路には、イルカウォッチを営むショップの看板がいくつも掲げられています。ショップによって費用や出航時間、所有する船のタイプ(漁船だったりクルーザーだったり)も様々。インターネットで事前予約割引などを行っているところもあるので、事前に調査しておくと良いでしょう。

今回わたしたちは通詞大橋を渡って通詞島に上陸してすぐのところにある『イルカクラブ』さんのお世話になりました。クルーザーに乗り込んでライフジャケットを着用したらさっそく出航。心地いい潮風の中、船はぐんぐんスピードをあげ10分弱でイルカの集まる海域に到着。

減速した船の前方にさっそくイルカの群れを発見!!

天草・通詞島でイルカウォッチングを楽しむ

ざっと見ただけでも大小10匹程度の群れ。「クゥクゥ」と愛嬌のある鳴き声をあげながら波間を跳ね、警戒する様子もなく船の周りを泳ぎまわるその姿を見ているだけでなんだか癒された気分になれます。海域に居た30分ほどの間常にイルカに囲まれているような状況で、感激しきりでした。

天草・通詞島でイルカウォッチングを楽しむ

ここで見られるイルカは「バンドウイルカ」。正式には「ハンドウイルカ」と言うらしく、比較的暖かい海域を好むとても好奇心旺盛な生き物。成体の体重は200~300kgほどで、時速60キロほどで泳ぐことが出来るとのこと。色は黒に近い灰色でおなかのあたりは白っぽく、小魚を食すのに適した口の形をしているのが特徴で大変愛らしい表情をしています。

そんなイルカ達の姿を見るため各地から多くの観光客が訪れており、多い時には20艘以上の船がイルカの群れ周辺にひしめくそう。それだけの船が群れを取り囲むとなると彼らが怯えてしまわないかと心配しましたが「群れに接近するときは減速する」「イルカの進行方向を妨げない」といった自主ルールを定めて共存を図っているそうです。闇雲に追いかけてるだけじゃイルカも迷惑がってどこかへ行ってしまいますからね。

野生の生き物とはいえ基本周辺に根付いているイルカ達だけに遭遇確立は90%をゆうに超えるそう。水族館では見ることの出来ないノビノビと泳ぐイルカの姿は一見の価値あり。機会があれば是非訪ねてみてください。

補足

イルカの居る海域で船は基本波に揺られるがままの状態なので、乗り物酔いしやすい方は乗船前に酔い止めを飲んでおくことを強くおススメしておきます。

それを忘れたわたしは途中思いっきり船酔いしてしまい、カメラを構える余裕がなくなり久しぶりの旅記事にも関わらず写真が少なめになってしまいましたとさ。とほほ…。(苦笑)

熊本・菊池方面へ

ゴールデンウィークが始まりました。

世間はテーマパークだ、海外旅行だ、と賑やかなようですが、人混みが苦手なわたしたちはゴールデンウィーク明けに有給休暇を使ってゆっくり温泉にでも、と計画しています。

といってもゴールデンウィーク中は仕事も休みなので、近場で行ったことのない所に行ってみようと思い立ち、夫婦で熊本の菊池渓谷へ。避暑目的の夏や紅葉の秋が最も賑わう渓谷ですので、この時期は人もまばらでゆっくり散策できました。

素晴らしい自然をバックにすると、ただのペットボトルのお茶もCM風に仕上がるから不思議(笑)。

熊本・菊池方面へ

鹿児島スイッチ。

JR九州が小西真奈美ちゃんを起用して展開している「鹿児島スイッチ」のキャンペーンにうまいことのせられて週末、鹿児島まで遊びに行ってきました。

鹿児島といえばやっぱり黒豚!ということでとんかつや豚しゃぶなどの豚肉メニューを満喫。ほかにもきびなごの刺身やカキ氷の白熊などなどおいしいものをたらふく食べてしっかりリフレッシュしてきました。

鹿児島スイッチ。