スイッチングハブ『GS105-300JPS』を『GS105-500JPS』に交換

NETGEAR スイッチングハブ ギガビット5ポート/金属シャーシ/設定不要/外部電源/ファンレス静音設計/省エネ/オフィス向け/無償永久保証 GS105-500JPS書斎に設置しているNETGEARのギガビット対応スイッチングハブ『GS105-300JPS』のポートの1つに不具合が生じ通信に支障をきたすようになっていたためメーカーのサポート窓口に連絡。購入から4年近く経過している同ハブですが、ライフタイム保証(永年保証)の対象商品ということで無事無償交換してもらえました。

不具合品が生じた本体の送付と引き換えに送られてきたのはマイナーチェンジ後の『GS105-500JPS』(GS105v5)。

GS105-500JPS 前面

背面に電源スイッチが設けられたほか、ACアダプタもかなりコンパクトになっています。

GS105-500JPS 背面

その他、見えないところでは使用されているチップがBroadcomから蟹さん(Realtek)に変更にされているなどしており性能面での違いも生じているようなので念の為両者の仕様を比較してみることにしましょう。

GS105-300JPSとGS105-500JPSの違い

公開仕様やネット上の情報を元に両者のスペックを整理すると下記の通り。

GS105-300JPSGS105-500JPS
チップ(v3)Broadcom BCM53115U
(v4)Broadcom BCM53125
Realtek RTL8367N
ポート数5 (1000Base-T/100Base-TX/10Base-T)
オートネゴシエーション対応
MDI/MDI-X 自動切替対応
IEEE802.3X フロー・コントロール対応
PoE(Power Over Ethernet)給電非対応
転送方式ストア&フォワード
パケットバッファメモリ128KB
スイッチングファブリック10Gbps
パケットフォワーディング7.4Mpps
レイテンシ20μ秒以下4μ秒以下
MAC アドレス数4,0002,000
Jambo フレーム9,720B9,000B
消費電力(最大)3.5W2.7W
動作時温度/湿度0~50℃/最大95%0~40℃/最大90%
寸法99 x 101 x 2794 x 102 x 27
重量0.30Kg0.26Kg

マイナーチェンジ後の500JPSはレイテンシが大きく改善。消費電力も削減され本体及びACアダプタの小型・軽量化を実現した一方、MACアドレス数と耐環境性能が低下している模様。

動作時の上限温度が40℃ということで真夏に空調のない部屋で使うには少しばかり不安もありますが、発熱は減ってるでしょうし多少はマージンもとってあるでしょうから実用上直ちに問題になることはないでしょう。

さっそく設置して問題なく動作することを確認。蟹さんチップということで信頼性にやや不安は残るものの、10GbE時代までの繋ぎとして頑張ってくれることを期待します。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。
    メールアドレスが公開されることはありません。

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.