2.5インチSSDの最新最強モデル『Samsung 870 EVO』に換装

Samsung 870 EVO 1TB SATA 2.5インチ 内蔵 SSD MZ-77E1T0B/EC 国内正規保証品SATA接続の2.5インチSSDで容量1TBの『Samsung 870 EVO』を購入しました。

デュアルストレージに対応した自宅のHP Pavilion Gaming 15 (cx0000/2018年モデル)はM.2 NVMe+SATAという構成。SATAポートにはアクセス頻度の少ないデータの保管用として500GBの『Samsung SSD 860 EVO』を組み込んでいましたが、容量がひっ迫してきたため入れ替えが必要になった次第です。

SATA SSDの最強定番モデル

SATA SSDの選択肢はいくつかありますが、信頼性でも性能面でもSamsungのEVOシリーズの無双状態が続いています。価格はちょっとお高いですが無用なトラブルを避けるためにも現行モデル『870 EVO』以外はアウトオブ眼中。

Samsung 860 EVOと870EVO

今回入手した『870 EVO』ですが、外観もスペックも『860 EVO』との違いは僅か。

870 EVO860 EVO
型番MZ-77E1T0MZ-76E1T0MZ-76E500
容量1TB1TB500GB
国内発売日2021年1月2018年2月
インターフェースSATA 3.0(6 Gbps)
NANDSamsung V-NAND 3bit MLC (TLC)
コントローラSamsung MKXSamsung MJX
キャッシュメモリ1GB LPDDR4512MB LPDDR4
読込速度 (Seq)560 MB/s550 MB/s
書込速度 (Seq)530 MB/s520 MB/s
読込速度 (4KB/QD1)13,000 IOPS10,000 IOPS
書込速度 (4KB/QD1)36,000 IOPS42,000 IOPS
読込速度 (4KB/QD32)98,000 IOPS
書込速度 (4KB/QD32)88,000 IOPS90,000 IOPS
待機時消費電力30 mW50 mW
動作時消費電力2.5 W2.6 W2.0 W
MTBF(平均故障間隔)150万時間
TBW600 TB300 TB
保証期間5年

SSDの性能がSATAインターフェースの上限に達してしまっている現状に於いてこれ以上の性能アップは意味がありませんので、使用するNAND等の部材変更を目的としたモデルチェンジなのだろうと思われます。

参考までにCrystalDiskMarkでベンチマークをとってみたりもしたのですが、バージョンアップに伴って860 EVO購入時のレビューに掲載したものとは計測項目が変わっていて直接比較不能…。

CrystalDiskMarkによるベンチマーク結果

それでも公称値に近いスコアは出てますし、大量のデータをやりとりしてもデータ転送速度が落ちない点も旧モデルからお変わりなく。旧モデルとの比較だと変わり映えはしませんが、他社製品からの乗り換えであれば高い満足度が得られることでしょう。

まとめ

スペック的に成熟しきった感のあるSATA接続による2.5インチSSDという商品分野ですが、職場で扱うCrucialやWestern Digitalの製品と比較してSamsungは速さと安定の両面で一歩抜きんでている印象があります。その分ちょっと価格は割高ですが、予算に収まるようなら迷わずこちらをチョイスしておけば間違いはないでしょう。

Samsung 870 EVO

なお、個人的に…これまでM.2 NVMeとSATAが同じ500GBだったためWindowsをクリーンインストールの際にインストール先を選択ミスすることが度々あったのですが、今度はその可能性がなくなった点でも大変満足しています。調子にのってM.2 NVMe側も1TBに容量アップしてしまったら元も子もありませんが。(笑)

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。また、メールアドレスが公開されることはありません。
このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。