Atermの新11a対応が遅れに遅れ

自宅で使用しているNECアクセステクニカ製のルーター『Aterm WR7600H』ですが、新しいIEEE802.11aへの対応で随分待たされています。

NECはホームページ中でWR7600Hをはじめとした無線機器の新11a(W52)対応を昨年の中頃から謳っているのですが、当初の対応予定日を過ぎても音沙汰のない状態が続いています。

無線機器の周波数帯の変更にあたっては公的な機関からの承認を得る必要もあるため、多少の遅れはいたしかたないと思われますが、遅れるなら遅れるとアナウンスくらい欲しいものです。

Skype用USBハンドセット『BSKP-U202』

BUFFALO BSKP-U202/BK USBスカイプフォン ブラック無料で高音質の音声通話ができるとして注目を集めている「Skype」(スカイプ)。そこでの通話にヘッドセットを利用している人も多いことかと思いますが、頭が圧迫されるヘッドセットに違和感を覚える人も多いかと思います。そんな方にオススメなのがBuffaloから発売されたSkype用USBハンドセット『BSKP-U202』シリーズ。すっきりとしたフォルムに機能性を追求した、シンプル&スタイリッシュデザイン。ビジネスでもプライベートでもさまざまなシーンで活躍します。

日立マクセル製PC用カメラ『PM5』購入

今後仕事の都合で出張の機会が多くなることが予想されるため、宿泊先のホテルと自宅との間でWindows Messengerなどを使ったビデオチャットが出来るようPC用カメラを購入してみました。

今回購入した日立マクセル製『PM5』は30万画素CMOSセンサーを搭載。専用ドライバをインストールして再起動した後、PM5をUSB端子に接続すればすぐにビデオチャットが楽しめるようになります。

とはいえ、自宅で主に嫁が使用しているNEC製のノートPC『Lavie L LL700R(PC-LL700R74DR)』に接続してみたところCPUがDuron 700MHzと非力なせいかWindows Messengerによるビデオチャットを行うと音声や映像が時折途切れてしまいあまり実用的ではありませんでした…。快適にビデオチャットを行うためには1GHz程度のCPUが必要かもしれません。

FC4で遊んでみた

ここ数日、自宅に転がっていたノートPCにFedora Core 4(以下、FC4)を入れて知識の探求中。

FC4がこれまでのディストリビューションと異なるいくつもの項目の中で個人的に気になるのは、デフォルトの文字コードがUTF-8になった点。世界的に標準的文字コードとしてUTF-8採用の流れが広まる中、他のディストリビューションやWindowsなどの他OSでも、文字コードくらいは早くUTF-8で統一されてほしいものです。そうすれば、samba設定ファイルへの文字コード指定といった作業も不要になるんでしょうが。

写真で賞をいただきました

昨夏に新聞報道用に提供した1枚の写真が某新聞社主催による写真コンテストの選考対象となり報道写真部門での入賞を頂いていたのですが、それを受けて本日の紙面に顔写真付きで「受賞者の声」が掲載されていたのですが…わたしの写真映り悪すぎです(苦笑)。やはり写真は撮られるより撮る方が向いているようです。

最近はマニアの機材自慢大会になってしまってる写真コンテストやコンクールも多く、ただ自分の感性のおもむくままにシャッターを切ってるだけのわたしはそんな風潮に巻き込まれるのが嫌でコンテストなどからは距離を置いていたのですがこんな形で賞されることになろうとは…人生分からないものです。

なにはともあれ、愛機『Nikon D70』との良い想い出にはなりました。

またもノートPC変更。今度もThinkPad T43

昨年末にThinkPad T42(23736AI)からT43(187139J)に変更したばかりですが、訳あって再び変更となりました。新しいノートPCはこれまでと同じThinkPad T43シリーズのモデル違いで、26684FIです。

旧T43(187139J)と新T43(26684FI)の違いは、旧T43がPentium M 740、i915GM、i915GM内蔵のGMA900グラフィック、XGA液晶、DVDマルチドライブという構成に対し、新T43ではPentium M 750、i915PM、Mobility Radeon X300、SXGA+液晶、DVDコンボドライブといった点です。光学ドライブがDVD書き込み非対応という点以外はわずかづつですが性能アップです。

早速、お約束のベンチマークで比較してみました。

1 2 3