タグ: 玄箱

ポータブルHDD『HDP-U80』のドライブ交換

自宅にある大量の音楽CDをMP3化していつでも好きな曲を聴けるようにしようと思い立ったのが約2週間前。以来、iTunesを使った取り込み作業に奮闘しているわけですが、MP3ファイルの保存先に指定している容量80GBのUSB接続なポータブルHDD『HDP-U80』ではほどなく容量不足に陥りそうなので、より容量の大きいHDDへの換装を実施しました。

まず『HDP-U80』側面の2本のネジを外してケースをバラし、元来セットされていたSAMSUNG製『MP0804H』(80GB)を慎重に取り出します。そこに本日購入したHGST製『HTS541616J9AT00』(160GB)をセット。ケースを元通りに組みなおしたら、PCに繋いでフォーマット開始。Windows XPでは最大32GBまでしかFAT32形式によるフォーマットできないので、『HDP-U80』付属のソフトを使ってフォーマットを行ったら作業完了。まぁ、簡単なもんです。

途中、『HDP-U80』に使われているWorkbit製のUSB2.0 – ATA/ATAPI 変換LSI『D8927GC-002』(USAT-3)が137GBを超えるBigDriveに対応してるのかという不安が一瞬過ぎりましたが、何の問題もなく認識できてます。

今回の作業でポータブルHDDの容量が80GBから160GBへと一気に2倍になったので、これでしばらく容量不足の心配はないでしょう。

etch化済 玄箱インストールイメージ

ちょっと時間がとれたので玄箱をクリーンな環境に戻して最新カーネルを適用しetch化まで済ませのインストールイメージを作成しました。

こちらに置いておきますので、必要な方がいらっしゃればご自由にご利用ください。(アップ先のサービス停止に伴う公開終了)

【更新情報】
  • (2008年05月10日) カーネル 2.6.25 + etch化済イメージを追加。
  • (2007年12月16日) カーネル 2.6.23.1 + etch化済イメージを追加。
  • (2007年10月21日) アップ先変更。
  • (2007年07月28日) カーネル 2.6.22.1 + etch化済イメージを追加。

インストール手順

新規インストールイメージの導入手順は下記を参考にしてください。

  1. 玄箱をEMモードに落とします。rootでログインし、以下のコマンドを発行します。
    # echo -n "NGNG" > /dev/fl3
    # reboot

    すでにDebian化している場合は背面のリセットボタンを押すか、以下のようにしてリセットボタンのスクリプトを直接実行し、再起動すればEMモードに入れます。

    # /etc/kuroevtd/resetpress
  2. EMモードの玄箱にTelnetでログイン(ユーザー:root パスワード:kuro)し、次のコマンドを実行してパーティションを再作成します。
    # /sbin/mfdisk -e /dev/hda
    # sh /sbin/mkfilesystem.sh
  3. /mnt に /dev/hda1を、/mnt2 に /dev/hda3をそれぞれマウントします。
    # mount /dev/hda1 /mnt
    # mount /dev/hda3 /mnt2
  4. etch化済イメージをFTPで /mnt2 に転送。転送後、展開します。
    # cd /mnt
    # tar xvzf /mnt2/debian-etch-2.6.20-kuroBOX-DHCP-20070508.tgz
  5. ネットワーク設定が必要な場合はこのタイミングで。
  6. EMモード解除コマンドを入れて再起動すれば終了です。
    # /usr/bin/write_ok
    # reboot

2007年07月28日追記カーネル 2.6.22.1 + etch化済イメージ

新規インストールイメージとは別にすでに構築済みの環境用にカーネルのみ、モジュールのみのイメージ配布も始めました。こちらを利用する際のインストール手順は以下の通り。

  1. kernelimage-2.6.XX-kuroBOX.tgz と modules-2.6.XX-kurobox.tgz をダウンロードして玄箱上に転送します。
  2. /boot の下にカーネルイメージを展開し再起動します。
    # cd /boot
    # tar xzvf /home/tmp-kun/kernelimage-2.6.20-kuroBOX.tgz
    # reboot
  3. モジュール群を /lib/modules に展開します。
    # apt-get install module-init-tools
    # cd /lib/modules
    # tar xzvf /home/tmp-kun/modules-2.6.20-kuroBOX.tgz
    # depmod -a

以上。

玄箱をEtch化

玄人志向 NAS 組み立てキット 玄箱シリーズ KURO-BOX4月にDebian 4.0「Etch」が正式リリースされてからしばらく経ちます。

自宅のi386環境でさっそく試用していますが、これといって大きな不具合もなく快適に利用できているのでDebian化して利用している玄箱も「Etch」にアップグレードしてみました。

Etch化の手順は、「/etc/apt/sources.list」をEtch用に変更(non-USは廃止されているのを思い出してついでに削除)して下のコマンドを叩くだけ。

apt-get update
apt-get dist-upgrade

比較的クリーンな環境を保っていることもあり途中警告が出ることもなく無事終了。

時間のあるときに一旦まっさらな環境に戻して、Etch化済み玄箱インストールイメージでも作成しておくとしよう。

sarge+2.6系カーネル適用済み玄箱用インストールイメージを作る

自宅でDebian化した玄箱を活用中ですが、実験機的な使い方をしていることから誤ってシステムを壊してしまい一から環境を構築し直すことになったことが一度や二度ではないので、Sarge化+カーネル2.6.20化まで済ませた状態のクリーンなインストールイメージを用意しておくことにしました。

インストールイメージの作り方

ベースにしたのは『玄箱で遊ぼう!!』から入手可能なDHCP対応イメージ。固定IP(192.168.0.100)設定で配布してくださってる『玄箱うぉううぉう♪』さんや『Genbako』さんのDebianイメージを元に自分でDHCPクライアント設定しても、何故か一部ルーターとの接続が上手くいかないケースがあったのでこちらを利用させてもらってます。

玄箱のカーネルを2.6.20化

Debianの次期stableとなる「etch」がカーネル2.6以降のみの対応となるそうなので、それに備えてGenbakoさんとこのモジュールを使って『玄箱』にカーネル2.6.20を導入しました。

# cd /home/tmp-kun
# wget http://www.genbako.com/kernelimage-2.6.20-kuroBOX.tgz
# wget http://www.genbako.com/modules-2.6.20-kuroBOX.tgz
# cd /boot
# tar xzvf /home/tmp-kun/kernelimage-2.6.20-kuroBOX.tgz
# reboot

# apt-get install module-init-tools
# cd /lib/modules
# tar xzvf /home/tmp-kun/modules-2.6.18-rc2-kuroHG.tgz
# depmod -a

これだけでカーネル2.6.20化完了、Genbakoさんに感謝。これで「etch」への備えも万全!と安心していたら、USBサウンドデバイスから音が鳴らなくなっていることに気づく。

玄箱を音楽再生端末化する【公開終了】

玄人志向 NAS 組み立てキット 玄箱シリーズ KURO-BOX発売から時間も随分も経ち、使う機会も減ってきたという人も多いであろう『玄箱』。昨夏の記事でもちょっと書きましたが、そんなお蔵入り状態の玄箱をネットラジオや録り貯めたmp3を聞くための音楽再生端末にしてみてはいかがでしょう?ってことで、そのスクリプトを「soundbox 1.0」として公開デス。

「soundbox」なんて仰々しいタイトルつけてますが、中身は別途インストールしていただく「MPlayer」の単なる制御スクリプト。しかし、このスクリプトを一度セットアップしてしまえば、玄箱を起動するだけで再生が開始され、さらに前面の電源ボタンを押せば自分の好みで登録しておいたネットラジオ放送(あるいはHDD内の音楽ファイル)を順に選局できます。つまり、telnetでコマンドを叩くことはもちろん、PCを起動することすら必要なくなるってこと!なかなか便利でしょ?

玄箱をお持ちの方で興味のある方はぜひチャレンジしてみてください。