タグ: Huawei

『Huawei Nova Lite 2』を購入&ざっくりレビュー【更新:顔認証&ARレンズ機能追加】

NETGEAR アンマネージ スイッチングハブ 5ポート 卓上型コンパクト ギガビット 静音ファンレス 省電力設計 法人向け GS105先日、嫁の『Nexus 5X』が突如再起動ループに陥ったのでFactory Resetでなんとか復旧させたのですが、その後も動きが不安定なので寿命と判断。

わたしのNexus 5、Nexus 5Xに続き、嫁のNexus 5Xまで2年で駄目になるとはLGタイマー恐るべし。今後Pixelシリーズが日本展開されることがあっても、LGが製造したものであれば買うのはやめておいた方が良さそうです…。

愚痴はさておき。現端末が完全に沈黙してしまってからでは嫁も何かと不便でしょうから今のうちに代替となる製品を手配しておくことにしたのですが、最近はSIMフリー端末も選択肢が増えて悩ましい限り。嫁は電話とカメラ、ハングアウトくらいしか使わないのでコストパフォーマンスを優先したエントリーモデルに絞って検討した末、先日発売されたばかりの『Huawei Nova Lite 2』を購入。

Nexusからの乗り換えなので素のAndroidに近いMotorolaの『Moto G5s Plus』あたりも検討したのですが、メインカメラ回りの特徴的なデザインはどうにも女性受けが悪いらしく、残る候補の中から最低1ヶ月のOCNモバイルONE契約との抱き合わせながら9,000円ほどで販売されていたNova Lite 2に決めました。

このところFBIやCIA界隈を賑わせているHuaweiの製品ですが、大した情報は取り扱わないので何ら問題はないでしょう。(笑)

スマートフォン用三脚アダプター

Zacro スマートフォンホルダー iPhone用三脚スタンド 三脚・一脚用アダプター 360°回転可能子供が生まれる前に購入したCanonのデジタルビデオカメラ『iVIS HF R21』でしたが、バッテリーが30分と持たないうえ、折角用意した予備電池も充電後1ヶ月ほどで100%自然放電してしまう有様でいざという時に全く使いものにならない状態だったので昨年末に処分してしまいました。

今更新しいビデオカメラを買うのも馬鹿馬鹿しいので今後はスマホの動画撮影機能で十分と考えているのですが、再来週に控えたお遊戯会でスマホをずっと手持ちしておくのはさすがにしんどそうなので三脚に固定するための『Zacro スマートフォンホルダー』を用意。

この手の商品は店頭であまり見かけることがないので、Amazon.co.jpでベストセラー1位だったものを「えいやっ」でオーダーしたのですが思いのほか良い感じでした。

Zacro スマートフォンホルダー パッケージ

2017年に買ってよかったもの

早いもので2017年も本日限り。

個人的には仕事関係でストレスの溜まることの多かった一年ですが、家族ともども大きなケガや病気もなく過ごせただけで良しとしましょう。来年は公私とも良い一年にしたいものです。

で。今年もこの1年に発揮した物欲の成果を総ざらい。2017年に購入した物や加入したサービスの中からとりわけ良かったものをご紹介して今年最後の投稿とさせて頂きます。

Huawei Nova用に保護フォルムとケースを調達

Huawei Nova フィルム専用 Huawei Nova フィルム全面 G-Color Huawei Nova 保護フィルム 高透過率 超薄 TPU保護フィルム Huawei Nova 対応 (保護フィルム*3枚)先日『Huawei Nova』を購入した際、ビックカメラの週末特典で1,500円分の好きなアクセサリをくれるということで店頭で目についた『ラスタバナナ 反射防止 液晶保護フィルム』と『レイ・アウト 反射防止 液晶保護フィルム』の2点を貰っておいたのですが、従来のPET素材製のこれらのフィルムは柔軟性に欠けるため端がカーブしたHuawei Novaの液晶面全体をカバーしきれないらしくかなり小さめにカットされていて寸足らずな状態…。これでは非常に見づらいですし、見た目も悪いので速攻で剥がして曲面にも対応するTPU製の保護フィルム『G-Color Huawei Nova TPU保護フィルム』を購入。

フィルムそのものはPET素材のものに比べかなり薄いのですが、位置合わせ用のシールも同梱されているので失敗のしようもなく綺麗に貼り付けることが出来ました。

G-Color Huawei Nova TPU保護フィルム

保護フィルムは3枚入りで貼り付け時に役立つクリーナー等も3セット入っているので、どうしようもなく不器用な人でも安心だと思います。ただ、柔軟性が高すぎるがゆえ傷痕が残りやすいようなので定期的な貼り替えは必要になりそうです。

手頃なサイズ感とエレガントな外観『Huawei Nova』の購入レビュー

Huawei 5.0型 nova SIMフリースマートフォン チタニウムグレー 【日本正規代理店品】 NOVA/TITANIUM GR無線LANが故障しモバイル通信しか出来なくなり役目を終えた『Nexus 5』から『Nexus 5X』に買い替えて2年弱…今度は『Nexus 5X』にモバイル通信のみ機能しなくなるという逆パターンの障害が発生。

本体をリセットしたり他のSIMカードを挿してみたりするも電波強度は常に0。分解してアンテナ回りの接続を確認するも特に異常は見られないので、基板の実装に何かしら不具合が生じた様子。Nexus 5といいNexus 5XといいLGエレクトロニクスの製品はどうにも耐久性に課題がありそうです。

リフローすれば復旧しそうな気がしなくもありませんがどうせ一時凌ぎにしかならないでしょうし、Googleによる最新OS提供保証も終了してしまっていて修理したところで今後の展望が見込めないことから大人しく買い替えることにしました。

海外からNexusの後継にあたるPixelシリーズやまともなAndroid One端末を取り寄せることも頭を過りましたが、最近古い端末を軒並み処分してしまったため代替機として使えるものがなく商品が届くまでは電話も使えない状態で過ごすけにもいかないので、今回は繋ぎと割り切って即日入手が可能で価格も手頃な端末の中から選択することに。

Hueaweiの『P10 Lite』やMotorolaの『Moto G5s Plus』あたりも検討しましたが、スペックや使い勝手を十分に吟味した結果『Huawei Nova』(CAN-L12)に決定。価格は天神ビックカメラで28,790円(税抜)。週末特典としてSDカードや液晶保護フィルムまで貰えたのでなかなかお買い得でした。

Huaweiの端末は6月に買った10インチタブレット『MediaPad M3 Lite 10』に続き2台目。圧倒的なコストパフォーマンスが魅力の同社の端末ですが、Huawei Novaも見事期待に応えてくれるのかしらん…?

さっそくセットアップを終えて一通り触ってみたので、Nexus 5Xとの比較も交えて軽くレビューしておくことにします。

Mediapad M3 Lite 10にオススメのケース

Mediapad M3 Lite 10 専用ケース TopACE 超薄型 スマートケース スタンド機能付き 高級PU レザーケース Huawei Mediapad M3 Lite 10 対応 (ブルー)先日我が家にやってきたHUAWEI(ファーウェイ)の10インチタブレット『MediaPad M3 Lite 10』ですが、本体が薄すぎるため使用中に手を滑らせて落下させかねないため『TopACE Mediapad M3 Lite 10 専用ケース』を購入しました。

フラップ(液晶カバー部)を折りたたむことでスタンドにもなるこの手のケースは端末保護と利便性を両立出来るので個人的に大変気に入っているのですが、商品により当たり外れが大きいのが難点。M3 Lite 10は国内リリースから日が浅いこともあり、これらのケースに関する情報も少ないようなので軽くレビューしておくことにします。

4色(ブラック、ブルー、レッド、ホワイト)のカラーバリエーションの中から今回選んだのは「ブルー」…といっても実際の色味はネイビー。いつもなら無難に黒を選ぶところですが、WiFiモデルのM3 Lite 10を外に持ち出す機会はなかろうと思い少しばかりカジュアルな色を選んでみました。