タグ: PlayStation

Skype搭載VIERAでPlayStation Eyeは使えるか?

我が家にあるPanasonic製の液晶テレビ『VIERA TH-L37D2』にはUSB端子が付いていて、VIERA専用のコミュニケーションカメラ『TY-CC10W』を接続することでSkypeを使ったテレビ電話が可能です。

Skype自体それほど頻繁に使うわけではないしどうせならPCを利用した方が使い勝手も良いとは思うのですが、使えるものなら一度使ってみたい…。しかし、専用のカメラは実売価格で15,000円ほどと興味本位で買うには高額過ぎるのでものは試しと『PlayStation Move スターターパック』についていた『PlayStation Eye』を接続してみました。

PlayStation Move『スポーツチャンピオン』が超ヤバい

スポーツチャンピオン先日購入した『PlayStation Move スターターパック』に付いてきた限定特典ディスク『もっと あそ棒。PlayStation Move 体験ディスク』に収録されていた『スポーツチャンピオン』の体験版にすっかりはまってしまったのでAmazon.co.jpで製品版を購入。

さっそくプレイしてみましたが、卓球もディスクゴルフも腕の振り方や強弱までリアルに再現されるので気づいたらゲームの世界にすっかり没入。ヤバいです…超楽しい。

卓球はチャンピオンカップで一気にブロンズをクリアしてシルバーの半ほどまで進めたのですが、やり甲斐があるのは相手のレベルも少し上がるシルバーからですね。こちらも適当にやるとあっさり負けてしまいます。この調子だとゴールドは相当に苦戦しそうなのでみっちり練習しなきゃ。

PlayStation Move ナビゲーションコントローラ

PlayStationMove ナビゲーションコントローラPlayStationMove ナビゲーションコントローラ』が届きました。実は昨日感想を書いた『PlayStation Move スターターパック』と一緒にAmazon.co.jpに注文していたのですがスターターパックは大阪、ナビゲーションコントローラは東京からとそれぞれ出荷元が異なったため一日違いでの到着となったようです。

今回届いたナビゲーションコントローラですが『PlayStation Move スターターパック』に含まれておらず、別途購入している時点でお分かりかと思いますが、PlayStation Move対応ゲームをプレイするうえで必須のアイテムというわけではありません。バイオハザード5のように『PlayStation Move モーションコントローラ』は射撃のみに利用するゲームで別途プレーヤーの移動などが必要な場合に利用します。もちろん、プレーヤーの移動は通常のコントローラ『DUALSHOCK3』でも可能なんですが、DUALSHOCK3を左手だけでホールドするのは困難なのでこうしたシーンで使えるサポート用の片手コントローラがナビゲーションコントローラというわけです。

PlayStation Moveがやって来た!!

PlayStation Move スターターパック新たなゲーム体験を提案するとして発表直後から話題になっていたPlayStation Move。その商品化第一弾となる『PlayStation Move スターターパック』が21日にようやく発売開始。

普段ゲームはあまりしませんが、ライトユーザーでも楽しめそうなコンセプトが気になって7月の受付開始直後に予約。発売日当日には間に合いませんでしたが、昨日無事に商品を受け取ることが出来ました。

101023_starterpack

初回出荷分ということでMove対応ゲームの体験版が複数収録された『もっと あそ棒。PlayStation Move 体験ディスク』も別添で付属しています。

スターターパックのパッケージは想像よりもコンパクト。中にはPlayStation 3版Wiiリモコンこと『PlayStation Move モーションコントローラ』と『PlayStationEye』、PlayStation Move専用ソフトウェア『Beat Sketch!』、取扱説明書にストラップが収められています

101023_naiyo

モーションコントローラを充電するためのUSBケーブルは同梱されておらず「DUALSHOCK3と共用してくれ」というスタンスのよう。まぁ、USBケーブルなんて複数あってもどうせ普段使うのは1本だけでしょうからそこは特に問題にはならないでしょう。

無線LAN接続を止めて有線LAN接続へ

Logitec ギガビットイーサネット対応スイッチングHUB 5ポートマグネット付き ブラック LAN-GSW05/PAB無線LAN接続していたリビングのテレビ『VIERA TH-L37D2』と『PlayStation 3』を有線接続に変更しました。

VIERAの方は先日USB無線LANアダプタ『DY-WL10-K』を購入してワイヤレスにしたばかりでなんだか勿体ないのですが、伝送スピードや通信の安定性といった面で少しばかり不満があったのと無線LANの電波による人体への影響を考慮してのこと。一般に携帯電話に比べても微弱な無線LAN程度の電波は人体への影響はないと言われていますが、昨日妻の妊娠が判明したので念のため…。

有線化にあたってまずはCTUからテレビとPS3を設置しているローボードまでの約10mを5.1ch用のリアスピーカーケーブルを通しているモールを活用して表から見えないようにLANケーブルを敷設。そのケーブルの先に新たに購入したLogitecのハブ『LAN-GSW05/PAB』を接続してVIERAとPS3にLANを分配する形としました。LAN-GSW05/PABはGbE対応ながら小型で消費電量も発熱も少なくてよい感じです。

しかし、ローボード裏の配線がまた面倒なことになってしまいました。笑

グランツーリスモ5を予約【更新:発売延期】

グランツーリスモ 5(初回生産版:特製ブックレット&プレゼントカー5種ダウンロードプロダクトコード同梱)昨日、ソニー・コンピュータエンタテインメントより待望の『グランツーリスモ5』の発売日が11月3日と発表されました。これを受けて本日よりAmazon.co.jpでも予約受付が始まっていたのでわたしも早速申し込んでおきました。

11月3日にリリースされるのは通常版『グランツーリスモ5』のほか、特製ブックレットとプレゼントカー5種のダウンロード用プロダクトコードを同梱した『グランツーリスモ 5 初回限定版』の2種類。また、GT5の発売にあわせてPlayStation 3本体も新規に購入したいという人に向けて限定色を施したPS3本体とGT5をセットにした『PlayStation 3 GRAN TURISMO 5 RACING PACK』も併せて発売されます。初回限定版はすぐに入手困難となることが予想されるので、どうしても欲しいという方は今のうちに予約しておきましょう。

我が家のPS3はBlu-RayやDLNA、torneといったAV用途での利用が主でゲームと言えば無料のPlayStation Homeをやる程度でゲームソフトは未だ一本も購入していない…というゲーム機のビジネスモデル泣かせなわたし。そんなわたしが唯一欲しいと思えるのがGT5なのです。幾度の発売延期を経てようやく発売となる超大作だけに車好きな人にとってもそうでない人にとってもPS3ユーザーならばマストバイな商品になることは間違いないでしょう。

2010年10月04日追記発売延期

早々に予約を済ませあとは11月3日の発売日を待つばかりとなっていた『グランツーリスモ5』ですが、ここにきて「制作上の都合」を理由に発売延期が発表されました。

これに伴い、限定色のタイタニウムブルーを施したPS3にGT5を同梱した限定商品『PlayStation3 GRAN TURISMO 5 RACING PACK』も延期。新たな発売日は確定していませんが、2010年末を目指すとのことです。

これまでに年単位での延期を繰り返しているGT5だけに、今回も変な意味で期待を裏切らないというかなんというか…。随分焦らしてくれますね。