タグ: PlayStation

ケーブル再敷設

先日サラウンドスピーカー用のケーブルを太めのものに交換したことで既設のモールにおさらまりきれなくなっていたので、SANWA SUPPLY製の10mのフラットタイプLANケーブル『KB-FL6E-10BK』と4.5cm幅の床用モール『LD-GA1307/WD』を購入して再敷設作業を実施しました。

110709_cable

LANケーブルとスピーカーケーブルを狭いモールの中に一緒に押し込んでおくのは相互に発生するノイズの悪影響を考えるとあまり好ましくないのでいっそのこと無線LAN…という手も考えたのですが、リビングにはPanasonicのテレビ『VIERA TH-L37D2』、AVアンプ『DENON AVR-3311』、ユニバーサルプレーヤー『DENON DBP-1611UD』に『PlayStation 3』などネットワーク対応機器が密集しているので帯域や安定性を優先して引き続き有線。今回モールを太くしたことで密着度はこれまでより下がりますし、ケーブルも以前のものより太くノイズ耐性も上がっているものと期待。

PSN完全復旧。微妙なタイトルの無償提供でお茶を濁す「おかえりキャンペーン」

史上最悪の個人情報漏洩によるサービス停止から2ヶ月半あまりを経てようやくPlayStation Networkが全面再開しました。

「感謝とおわびのパッケージ」としてゲームのダウンロード提供なども始まってますが、選べるソフトが微妙なうえ提供期間も8月4日までの30日間限定…と表向きは「お詫び」を謳ってますが、本気で申し訳なく思っているのやら?と疑いたくなる強気の対応。

PlayStation Networkの大規模障害【更新:史上最悪の個人情報漏洩が判明】

PlayStation 3プレイステーション・ポータブル向けに提供されているオンラインサービス「PlayStation Network」ならびにそれと基盤を同じくする映像配信サービス「Qriocity」に障害が発生し、丸4日を過ぎた25日現在も利用できない状況が続いています。

ゲームに限らず映画や音楽配信のプラットフォームとして広く活用されてるサービスだけに影響は多岐に渡っており、ソニーという企業の信頼を揺るがす事態になりつつあります。

今一番ユーザーが不満を募らせているのはソニーの情報公開のあり方。漠然とした内容の短い文書を掲載するだけでそもそもの原因や現在の状況、今後の見通しなどがいっさい見えてきていません。その結果、「すべてのアカウントが削除されて復旧不能らしい」とか「クレジットカード情報が大量に盗まれた」「復旧までに1ヶ月以上かかるらしい」「アメリカのサーバ優先で日本の復旧は後回し」といったものから「掃除のおばちゃんが間違ってサーバの電源抜いたらしい」といった受け狙いのネタまで大量の風評が出回る始末。

情報の出し惜しみと対応の遅れがユーザーの不満と不安をかりたててる様は、政府と東電の原発対応のリプレイを見ているかのようです。

デノンのAVアンプ『AVR-3311』がやってきた

DENON HDMI Ver,1.4a対応7,2chAVサラウンドレシーバー ブラック AVR3311K年末にデノンのユニバーサルBlu-ray Discプレーヤー『DBP-1611UD』とトールボーイスピーカー『SC-T55SG』を購入して否が応でもAVアンプの買い替えが必要な状態に自分を追い込んでいましたが、ようやく覚悟を決めて先週ヨドバシカメラで『AVR-3311』を購入しました。

AVR-3311は最大出力185Wx7ch(6Ω時)、サブウーファ用プリアウトを2系統備えたミドルクラスの7.2chアンプ。スピーカー端子は11ch分用意されていて予めフロントワイド、フロントハイトのスピーカーを接続しておけばドルビープロロジックIIz、Audyssey DSXをワンタッチで切り替えて楽しむことが出来るという優れもの。選定にあたっては最後までエントリークラスの『AVR-1911』と悩みましたが、実際に聴き比べてみるとその音質差は明らかで納得して同アンプを選んだ次第。

本体色はシルバーと黒の2色展開。DBP-1611UDに合わせて黒選んだところ生憎在庫に無かったため、メーカーから直送してもらうよう段取って貰い本日ヤマト便にて無事到着。

110123_box

というわけでさっそく開梱!!

マルチペアリングキーボード『TK-FBP014』を入手

ELECOM キーボード ワイヤレス接続 Bluetooth2.0 日本語103キー プレステ3対応 ブラック TK-FBP014BK以前から気になっていたELECOMのBluetooth2.0対応ワイヤレスキーボード『TK-FBP014BK』を入手しました。いつものようにAmazon.co.jpで購入…ではなく、CLUB NTT-Westのポイントの特典一覧を眺めていたらこのキーボードを見つけたので交換してもらった次第です。

TK-FBP014シリーズの一番のウリはマルチペアリングに対応する点で、あらかじめペアリングしておくことで最大9台の接続相手をキー操作ひとつで切り替えながら使えます。最近Bluetooth対応の製品が多くなってきたにも関わらず、国内で販売されているマルチペアリング対応のフルキーボードは実質この製品くらいなので昨年末の発売開始当初から目をつけていたんですよね。

101218_TK-FBP014

キーは一般的なノートパソコンと同じパンタグラフ方式でストロークは浅め。フルキーボードながら少し特殊な配列をしているので、カーソルキー操作を中心に少し慣れが必要になりそうです。また、Bluetoothキーボードの弱点として省エネモードから復帰する際に最初の1文字がうまく認識されないことがあるというのは少し気になりますが、今のところPlayStation 3での使用くらいしか考えていないのでそれほど気にはならないでしょう。

『グランツーリスモ 5』がやってきた!

グランツーリスモ 5(初回生産版:特製ブックレット&プレゼントカー5種ダウンロードプロダクトコード同梱)グランツーリスモ 5 初回限定版』がようやく届きました。Amazon.co.jpからは25日の発売日当日の早朝に出荷されていたんですが、そこは宅配界の問題児佐川急便、東京から福岡まで荷物届けるのに丸3日以上かけてくれました…。佐川の配送状況を確認すると25日のうちに福岡には来ていたようなので、うちのエリアの配達員が怠慢してたんでしょう…これまでにも前科のある人だし。

それはそれとしてようやくやってきた『グランツーリスモ5』。わたしが注文しておいたのは特製ブックレット&プレゼントカー5種プレゼント用のプロダクトコードが同梱された数量限定の初回生産版です。