タグ: PlayStation

VIERAとPS3のHDMI連動設定

すっかり忘れていましたが、現在販売されている薄型の『PlayStation 3(CECH-2000A)』には旧型PS3にない機能としてHDMI連動が可能、ということをふと思い出しました。

一応、公式には「ブラビアリンクに対応したテレビとPS3をHDMIケーブルでつなぐことで、ブラビア(ソニー株式会社商品)のリモコンで連動操作ができます。」とだけ謳われており、ソニー以外のメーカーのテレビに関する記述はありませんが現在各社が競って宣伝している「○○リンク」はいずれもHDMIで標準規格されている相互機器制御技術(HDMI CEC)に基づくものなのでソニーのブラビアリンクであろうがパナソニックのビエラリンク、東芝のレグザリンクであろうが基本的には問題なく連動することが可能です。わたしもさっそく先日購入したパナソニックの37型LED液晶テレビ『VIERA TH-L37D2』との間で設定を行ってみました。手順は以下の通り。

PS3の内蔵ハードディスク交換

日立 HGST 2.5インチHDD(SerialATA)/容量:500GB/回転数:5400rpm/キャッシュ:8MB HTS545050B9A300先日購入したPlayStation 3専用の地上デジタルレコーダーキット『torne(トルネ)』。今のところまだ活用の機会は少ないのですが、今後ワールドカップの気になる試合や深夜に放送される昔の洋画や海外ドラマなどを録画する機会が増えてきそうな予感がするので今のうちに我が家のPS3(CECH-2000A)の内蔵ハードディスクを大容量のものに交換しておくことにしました。

交換用に購入したHDDはHGST製の500GBのもので型番は『HTS545050B9A300』。ノートPCなどにも使われる回転数5,400rpm、キャッシュ8MBの一般的なS-ATAII接続のHDDです。同じく500GBのHDDでWesternDigitalの『WD5000BEVT』とどちらにするか悩んだのですが、ネットで情報を検索してみるとWD5000BEVTはロットにより(?)当たり外れが多いという記述をいくつか見かけたので今回はHGSTのものをチョイスしました。

交換の手順は既に数多のサイトで紹介されていますが、備忘録を兼ねてここにも書いておくことにします。

PS3でのWMVファイルの再生と「再生できません(80028801)」への対策

ゲーム機としてだけでなく、DVDやBlu-Rayを始め様々なフォーマットの動画音楽に対応する万能メディアプレーヤーとしての色合いも濃い『PlayStation 3』を使って以前「GyaO」からダウンロードして『LinkStation LS-XH1.5TL』上に保管している拡張子「asf」なファイル達がうまく再生出来るか確認してみることにしました。

拡張子「asf」なファイルは「wmv」に変えておこう

DLNA経由で再生する場合、NAS側のDLNAサーバ機能を有効にしておけばPS3のXMB(ホーム画面)の「ビデオ」配下に当該NASが表示されるのでそちらを選択。

PS3でのDLNA動画再生

DLNAで配信されるファイルはサーバ側の設定に依るところも大きいのですが、LS-XHLシリーズはASFを含む主だった動画形式に対応していることもありPS3側でも全てのファイルが漏れなく一覧表示されました。

手始めにMP4やAVIなどの一般的な動画を再生してみるとPS3のアップコンバータが優れているのか、TV側の解像処理が有用なのか判断は付きかねますがPCで見るより画質は格段に良好です。続けざまにASF形式のファイルを選択すると「非対応データ」と表示されて再生不可…。

PS3はWMVファイルの再生に対応しているはずなのに、WMVと実質イコールなASFが何で再生出来ないの?と少し悩みましたが、試しに拡張子を「wmv」に変えてみたところ無事再生。どうやらファイルの中身ではなく単純に拡張子だけを見て判断しているらしく、だったら最初から一覧に表示するなよ…と。(苦笑)

torne(トルネ)を予約

torne (トルネ) (CECH-ZD1J)先日Amazon.co.jpPlayStation 3専用の地上デジタルレコーダーキット『torne(トルネ)(CECH-ZD1J)』を予約しておきました。

わたしが普段見る番組というとニュースくらい。最近ではインターネットを使えば好きなときにニュースが見られるし天気予報だってテレビより充実しているので、わたしにしてみればテレビがなくなっても自分は何ら問題はありません。ただDVDの観賞用にチューナーレスの大きい液晶モニタだけあればいいやん、って考えの人間なのでテレビ番組を録画してまで何かを見ようとは全く思わないのですが、torneに関する発表やレビューを見ているうちに知的好奇心がくすぐられて思わずポチってしまいました。うちの嫁もあまりテレビには興味ない人間ですが、たまに見たい番組が夜勤で見れないことがあったりするようなのでしばらく遊んだ後は嫁専用になることでしょう。

ま、ほとんどメディアプレーヤーとしてしか使われていないうちのPS3もうちの嫁から見れば「所詮ゲーム機」なので時々煙たがられてしまうのですが、トルネで録画機としても使えるようになれば存在を正当化できそうです。

ちなみに、25日午後現在ではAmazon.co.jpでの予約受付は終了している様子。ただ、追加もあるかもしれませんので欲しい方はこまめにチェックしてみると良いかもしれません。

PSP+GPS+みんなの地図3で歩行ナビ

みんなの地図3月末の沖縄旅行に向けて『プレイステーション・ポータブル』用の『GPSレシーバー(PSP-290)』とゼンリンの地図ソフト『みんなの地図3』を購入しました。

現地で借りるレンタカーにはナビが付いてるので車での移動中に迷うことはないでしょうが、わたしも嫁も揃って恐ろしいまでの方向音痴なので一旦車を降りて街中の散策に出ると車に戻れなくなる可能性が非常に高いので…笑。PSPには無線LANも付いているので空港でインターネットしながら暇つぶしに使える上、歩行ナビとしても使えるとなると今後旅行には欠かせないアイテムになりそうです。

PSP+GPS+みんなの地図3で歩行ナビ

PSP用液晶保護フィルムの決定版『OverLay Brilliant for PSP-3000/2000』

OverLay Brilliant for PSP-3000/2000 液晶保護シート OBPSP3先日注文しておいた『OverLay Brilliant for PSP-3000/2000 液晶保護シート(OBPSP3)』が届いたのでさっそくうちの『プレイステーション・ポータブル(PSP-3000)』に貼ってみました。

当初RIX製の『PSP3000専用 液晶保護フィルム(RX-PSPF644)』を貼っていたのですが、PSP-3000/2000では液晶の表面処理の影響で端がわずかに盛り上がっているらしく一般的な硬質保護フィルムだと端の方が浮いてしまい気泡が自然発生してしまうので、後にアスデックというメーカーの『ソニーPSP用液晶保護フィルム/指紋が目立たない(MF-FG02)』なる商品も試してみたもののこちらは表面処理が粗すぎるせいか液晶をONにすると光が虹色に乱反射しちゃって画面がまともに視認出来ないうえ相変わらず気泡が生じる欠陥商品だったためその後色々と調べ直してこちらの商品に辿りついた次第。

他の保護シートでは例外なく発生していた左右の浮きは全く発生しませんし、外光の映りこみもほとんど気になりません。PSP保護フィルムの最高峰といって過言ではないでしょう。