カテゴリー: 雑記

SUUNTO Core オールブラックのストラップ交換 (4回目)

度々切れる遊環に業を煮やし汎用品に付け替えて使用していた『SUUNTO Core オールブラック』ですが、今度はストラップ(ベルト)本体が切れてしまいました。

SUUNTO Coreストラップの断裂

通気性の良い『ウレタンストラップ オールブラックライト』を使用していましたが、今回の断裂具合からして拡大された子穴周辺の強度不足が否めないので通常の『ウレタンストラップ オールブラック』に出戻り。

コストコに再入会

前回更新期限切れから約2年。コストコに再入会しました。

コストコに再入会

相変わらず店内は人が多いし、商品価格も決して安くはありませんが大判厚手のキッチンペーパーは他のお店では入手出来ませんからね。

ちなみに、買い物で使えるクレジットカードは以前のAMEXからマスターカードに変わっていました。2年ほど前に本場アメリカのコストコがAMEXとの提携を辞めVISAに切り替えるというニュースが流れていましたが、日本は同時路線を歩んだ模様。国内では決してメジャーとは言えないAMEXやマスターカードに拘るのは何か理由があるのかな…?

キヤノン、フィルムカメラの歴史に幕

Canon EOS-1V ボディ2006年にキヤノンがフィルムカメラの新規開発中止の方針を明らかにしてから10余年。同社のラインナップに唯一残っていたフィルム一眼レフカメラ『Canon EOS-1V』の販売終了が昨日正式に告知されました。

生産そのものは2010年に終了していたらしくその後は作り貯めた在庫でやり繰りしていたようですが、それも掃けてしまったことで80年を超える同社のフィルムカメラの歴史の幕が静かに閉じられることとなりました。

Canon EOS-1V

フェージング現象によるテレビ受信障害【更新:アンテナ新設で一応解決】

4月の中頃から自宅のテレビ映りが悪くなりブロックノイズが出たり酷い時にはブラックアウトして全く視聴出来なくなるなどしていたので、工務店の人に連絡してアンテナを診てもらったのですが特段の異常は見られないとのこと。

ただ、「電波障害が起きてる可能性が高い」ということだったので九州総合通信局やNHKに相談。踏み込んだ調査を行える専門業者を派遣してもらい調べてもらったところ、大気の状況等により春から夏にかけて起こりやすいとされる「フェージング現象」(ラジオダクト)による電波の異常伝搬の影響を受けている可能性が高いとのこと。ようするに韓国から飛んできた電波が悪さしてるってことらしい。

「去年まで何の問題もなかったのにどうして突然?」と尋ねると、送信局までの距離を考えると現在設置されている14素子の平面アンテナでは元々ギリギリの利得しか得られていなかったはずで、そこに送信所と自宅を結ぶ直線上に続々と高層マンションが建ち並んだせいで感度が弱まりフェージングの影響を受けやすくなったのではないかとのこと。

昨年韓国で始まった4K放送の周波数割り当ての影響云々ということも仰ってましたが、うちの場合は単純に本来あるべき電波の受信感度を高めてあげれば改善される可能性が高いとのことで指向性の高い八木アンテナへの交換を勧められました。

子供が見ているポケモン等の番組が紙芝居状態でまともに映らない日もあったので早めに対応しようとは思いますが、外的要因への対応に自腹を切るのはなんとなく納得のいかないところもなくはなく…。いっそのことAbemaTVとAmazon Prime Videoだけで良いじゃね…?なんて。(笑)

キックスケーター『JD RAZOR MS-205R-B』を買ってみた

JD RAZOR MS-205R-B ブラックうちの子供も4月から小学校に進学。2歳頃から乗っていた『いきなり自転車』もいい加減小さくなったので買い替えが必要なのですが、この1年ほどの成長具合からして今の体に合わせて買ったところで2,3年乗れるかどうか…。

幸い小学校では「(低学年は)一人で自転車を乗り回してはいけません」と指導しているらしく、友達と遊びに行くのに欠かせないというわけでもないので買い替えは可能な限り遅らせた方が得策と見ているのですが、その間にバランス感覚が鈍っても困るので当面の繋ぎとしてキックスケーター(「キックボード」という呼び名は登録商標なのだそう)を購入することにしました。

といっても近くの公園で子供達がキックスケーターに興じているのを度々見かける程度で予備知識は皆無に等しいので、ネットや実店舗を見て回るなどして情報収集したところ「JD Razor」なるブランドが有名どころのよう。

そのラインナップは前輪ブレーキの有無やタイヤの径の違いなどバリエーション豊富でどれを選べばいいのか悩みましたが、熟考の末『JD RAZOR MS-205R-B』を注文。子供の誕生日に合わせて無事到着しました。

オールブラックの格好良いキックボード

黒いボディが特徴的な『JD RAZOR MS-205R-B』。本体は折り畳まれグリップ部も取り外した状態でパッケージに収納されており想像以上にコンパクトです。

JD RAZOR MS-205R-B

JD RAZORシリーズはアルミとスチールの質感を活かした無塗装のモデルが基本のようですが、表面が結構腐食(錆び)しやすいようで表面が茶色くなったものを結構見かけていたので今回は黒く塗装されたこちらを選んだ次第。

より便利になった象印のステンレスマグボトル (SM-LB型)

象印(ZOJIRUSHI) 水筒 直飲み ステンレスマグ 480ml シルバー SM-LB48-SA5年ほどに渡り愛用しているマイボトル『Amazon.co.jp限定 ステンレスマグ(SM-JB48AZ-XA)』のパッキンが劣化して若干漏れが生じるようになったのでメーカーから蓋周りの部品のみ取り寄せて交換しようとしたのですが、消耗品ながら「それなら本体ごと買い替えた方が良くね?」というお値段だったので新たに『ステンレスマグ(SM-LB48-SA)』を購入しました。

SM-LB48-SA

SM-JA型(2010年)、SM-JB型(2012年)の流れを組むシンプルなネジ式キャップ採用の直飲みタイプの商品で容量(480ml)・寸法(6.5×6.5×21.5cm)とも従来から変わりありません。

SM-JB型とSM-LB型

実際に旧モデルと並べてみても外見上は大きな違いを感じられませんが、本体重量は従来の250gに対し新モデルは220gと1割以上の軽量化を果たしているため手にした際の感じ方はまるで異なります。長時間の移動などでは僅か30gの差といえど軽いに越したことはないのでありがたい限り。

本体重量は220g

一方で蓋(栓)部分は従来モデルから大きく変化。SM-JB型は6点のパーツで構成されていたのに対しSM-LBは4点。

蓋の構成パーツ

シンプルな構造で分解やお手入れが楽になっただけでなく、蓋を開けた際の液垂れもしにくくなっており衛生面での改善はかなり大きいように感じます。

その他、内面フッ素コートや樹脂製飲み口などの基本仕様は従来通り。ただし、開口部まわりの形状が微妙に変わっているため旧型の飲み口や蓋は流用出来ません。

今年の夏もかなり暑くなりそうですが、冷たい麦茶を入れた新しいマイボトルと共に頑張って乗り切ろうと思います。