タグ: MVNO

IIJmioの「0円でもう一枚キャンペーン」でSIMカード追加

追加SIMの発行手数料と3ヵ月分の月額料金がオフになる「0円でもう一枚キャンペーン」を利用して契約中のIIJmioファミリーシェアプランに4枚目のSIMを追加しました。

0円でもう一枚キャンペーン

今回増やしたのはデータ通信専用のSIMカード。MVNOから提供されるSIMカードは最近までドコモと同じ券面デザインのいわゆる”赤SIM”や”ピンクSIM”でしたが、今回届いたのは昨年末頃から提供が開始された真っ白なMVNO専用SIM。

161121_iijsim

ジョギング中に音楽を聴くためだけに利用しているNexus 5に挿しておけばGPSに連動するフィットネス系アプリが正常動作するようになるし、走りながらradikoも聴ける!などと考えてのことですが、思ったほど使わないようであれば無料期間終了後に解約すれば懐が痛むこともないので安心です。(月額料ゼロは翌月からの適用となるため初月は日割り料金が発生します。)

『HUAWEI P8lite』購入も致命的欠陥発覚で速攻返品

HUAWEI SIMフリースマートフォン P8 lite 16GB (Android 5.0/オクタコア/5.0inch/nano SIM/microSIM/デュアルSIMスロット) ホワイト ALE-L02-WHITE ALE-L02-WHITEIIJmio『みおふぉん』へのMNP転入にあわせて…という訳でもありませんが、嫁用に『Huawei P8lite』を購入。

嫁が使っていたわたしのお下がり端末『Galaxy S』(SC-02B)と『Galaxy Nexus』(SC-04D)はどちらもLTE非対応。基本電話とカメラとメールくらいしか使っていないので「通信速度は遅くて構わない」とはいうものの、4~5年落ちの端末ではさすがに可哀想なので買い替えを提案。間もなく発売される『Nexus 5X』を第一候補として検討していたのですが見た目がお気に召さないそうなので代わりに見繕ったのがこの端末。

P8liteは3万円を切る価格設定ながらオクタコアCPUや1300万画素カメラを搭載したコストパフォーマンス抜群のSIMフリー機として『ASUS ZenFone 2 Laser』と並んで人気の端末。どこで購入しても価格は大きく変らないようなのでいつものようにAmazon.co.jpで注文しようかと考えていた矢先、近所のコストコで保護フィルムやハードケース等がセットになった「スターターセット」が29,800円で販売されているのを発見。個別に買い揃えるよりもお得だったので即買いしてきました。

IIJmio「みおふぉん」へのMNP完了

MNP(モバイルナンバーポータビリティ)によるドコモからIIJmio「みおふぉん」への乗り換えが無事に完了しました。

みおふぉんの「ファミリー通話割引」の適用条件を満たすよう嫁の回線名義を変更したうえでの2回線同時MNPだったためドコモ側での処理に手間はかかりましたが、IIJmioが先月よりサービスを開始した「おうちでナンバーポータビリティ」のおかげもあってみおふぉんの開通手続きは至ってスムーズ。

これにより端末2台持ちによる充電時の手間や、割引きを盾にした自動更新の1年縛りからも開放。色々懲りないドコモとはきれいさっぱり縁が切れて良いこと尽くし。

MVNO市場の急拡大や魅力的なSIMフリー機の認知度向上により今後ドコモを解約してIIJmio等に乗り換える人がますます増えることが予想されますので、参考までにドコモ解約からみおふぉん開通までの手続きの経過をここに残しておくことにします。

9月29日(火) 「いちねん割引」廃止 & 名義変更準備

わたしと嫁が利用するドコモの2回線はどちらも15年以上に渡って契約を続けていますが、長期契約者を踏み台にしたMNP転入や一部の端末購入者を優遇する施策の乱発にはほとほと愛想がつきていましたし、過去の同社の動向から察するに利用者にメリットをもたらすような改善は今後一切期待出来そうもないのでMNPによる転出を決断しました。

移転先は現在ファミリーシェアプランでデータ通信3回線を利用中のIIJmioで、このうち2回線を音声通話機能付きSIM「みおふぉん」に変更してポートインしようという算段。MVNOを代表する事業者だけあって人気も高く利用者の増加に設備増強が追いつかず昼時や夕刻にデータ通信の速度低下が酷くなる傾向もありますが少しづつ改善されてはきてますし、日本初のISPとして技術的にも確かでオープンな情報提供を行っている同社だけに安心・納得して利用出来ようというもの。

これに向けた準備として最初に「my docomo」にログインして契約状況の確認。ちょうど9月末日がわたしの利用する回線の「いちねん割引」契約更新期限だったのでこれを月内で廃止するよう設定変更。実店舗を持たないMVNO事業者にMNPする場合、即日転入・開通というわけにはいかないので月を跨いだ手続きが予想される場合は自動更新される「いちねん割引」等の解約タイミングに注意して無駄な違約金を支払わなくて済むよう気をつけましょう。

続けて名義変更に向けた準備。「みおふぉん」は家族間通話の割引を行っているのですが、同サービスは同一名義・契約ID間での利用が条件なのでこれを満たすには回線名義を統一しておく必要があります。現状IIJmioでは名義変更が出来ないため、あらかじめドコモで名義変更してからMNPの処理をすすめるほかないのですがmy docomoからは手続き出来ない模様。ドコモのインフォメーションセンターに尋ねると「ドコモのサイトからダウンロードした委任状に譲渡者が記名・捺印のうえ譲受者がドコモショップに行って手続きしてくれ」とのことだったのでさっそくプリントアウトして必要事項を記入。

翌々日の休みにドコモショップへ足を運ぶこととし、来店予約だけ入れておきました。

ドコモからIIJmio「みおふぉん」へのMNP手続き

15年以上もの長きに渡って利用してきたドコモをやめ、MNPでIIJmioの「みおふぉん」に乗り換えることにしました。

15年以上の付き合いのドコモを辞める

MVNOの活用を始めた後も電話契約のみドコモに残して2台持ち運用をしてきましたが、長期契約者を踏み台にしたMNP転入や特定端末購入者ばかり優遇する施策の乱発にはほとほと愛想がつきていましたし、旧「バリュープラン」契約だと端末買い替え時に割引も受けられなくなるなどユーザを無視したサービス改悪に加え手続きの度に何時間もショップで待たされたりすることにも辟易していたのでいい加減に見切りをつけることにしました。

バリュープランによる月々の無料通信分や家族間無料通話は無くなりますが、携帯は基本的に着信専用でこちらからかけることはありませんし家族や親戚との間では普段から「ハングアウト」の音声通話を活用しているので何ら問題無し。端末も1台に纏められて充電の手間も省けるので言うことありません。

IIJmioのSIMカードサイズ変更

IIJmioがSIMカードの種別及びサイズの変更に伴う手数料を無料にするキャンペーン(10/30迄)を開始したので、この機にNexus 5で利用中のmicroSIM(SMS付き)をnanoSIM(SMS付き)にサイズ変更しておくことにしました。

現行Nexus 5はmicroSIMに対応した機種ですが間もなく登場予定の次期Nexus 5は間違いなくnanoSIM対応だろうと予想されるためスムーズな機種変更に向けた先行措置。以前購入した『NOOSY ダブルSIMカッター』でパンチしても良いのですが、失敗して通信出来なくなったり端末から取り出せなくなったりすると面倒なのでキャンペーンに甘えることにしました。

実店舗を持たないMVNO事業者はSIMカードの即時発行が行えないため、カードの変更に伴って一定期間通信が出来なくなる期間が生じてしまうのは致し方ないのですが、その期間が明言されておらず頼みたくても頼めない…という方もいらっしゃるかと思うので申込から新カード到着までの経過を参考までに残しておくことにします。

9/16(水) 10:40 SIMカードサイズ変更申込み

この日から始まるキャンペーンに向けたシステムメンテナンスとして8~10時の間はホームページでの各種申し込みが一時出来なくなる旨の案内を事前に受け取っていたため、メンテナンス明け早々にSIMカードサイズの変更を申込むべく待機。9時50分頃ちょっと早めにIIJmioの会員専用ページにログインすると既に各種申し込みが可能な状態になっていたのでさっそくオーダーするも確定ボタン押下後スルっと最初の画面に遷移。しばらく待つも確認のメールも届かないためTwitterで中の人に尋ねると「ブラウザのキャッシュ等の影響で処理が正しく行われなかった可能性」とのことで10時40分頃再度申し込むと無事に受付完了。

直後に以下のようなメールが到着。

NETGEAR『EX6100-100JPS』を追加APとして活用

NETGEAR 802.11ac.a.b.g.n対応 450+300Mbps 2バンド(2.4GHz/5GHz) 有線ギガ AP/イーサネットコンバータ 無線LAN中継器 EX6100-100JPSIIJmio ひかりへの光回線転用に伴い送られてきたホームゲートウェイ『PR-500KI』用の無線LANカード『SC-40NE「2」』ですが、思いのほかに安定しているうえ電波の飛びも必要十分であることが確認出来たので既存のアクセスポイント『Aterm WG1400HP』は早々に撤去して知人に譲渡してしまったのですが、新築後まもないご近所の家々が無線LANのアクセスポイントを続々と起ち上げているせいで電波干渉が発生…。特に2.4GHz帯のChの混み具合が激しく、電波の弱い2階でのWiFi利用に支障が出始めているので新たなAPを増設する必要が出てきました。

幸いうちは2階の書斎まで有線LANを通しているので最近よく見かける「無線LAN中継器」に頼らず単純にアクセスポイントを増やせば良いのですが、国内メーカーが販売しているネットワーク機器は不安定でもう懲り懲り…どうせ買うなら海外のネットワーク機器専業メーカーの製品に限る!ということで、比較的入手性も良く価格も手頃なNETGEARの『EX6100-100JPS』(以下、EX6100)を購入しました。

NETGEAR EX6100 パッケージ

EX6100も一応は無線LAN中継器として販売されている商品なのですが、設定によりアクセスポイントやワイヤレスコンバータとしても活用可能。また、サイズも比較的コンパクトなので外出先のホテルでの有線LANを無線化するポータブルAPとしても持ち歩くことが出来、実際そうした環境での利用も想定した機能(DHCPサーバ、NAT等)が実装されています。

国内メーカーからも同種の商品はいくつかリリースされていますがモデル間での差別化を図るため機能やスペックに制限があるのが難点。一方、こちらは機種を絞って商品展開を行う海外メーカーの製品だけあって802.11ac対応やら1000BASE対応LANやらと機能の出し惜しみをしていない点が好印象。無論、アクセスポイント専用機ではありませんのでこれ一台で家中全ての無線LAN対応機器からの接続要求を捌ききれるほどのスペックは有していないと思いますが、自宅内での”ラスト数メートル”を補うにはこれで十分です。