タグ: NikonD500

接眼補助レンズでD500の視度調整

Nikon DK-17C D2H用接眼補助レンズ -2Nikon D500』は旧来の機種に比べ視度調整の幅が狭いようで、ド近眼のわたしがコンタクトを付けた状態(矯正視力1.2~1.5)でも視度調整ノブを目一杯マイナス側に寄せなければなりません。

これだとコンタクトより低めの度数で作っている眼鏡を着用して撮影する際に調整シロがなく、難儀しそうなので『Nikon 接眼補助レンズ DK-17C (-2)』を購入。いわゆる「視度補正レンズ」というやつですね。

Nikon 接眼補助レンズ DK-17C

これにより視度調整ノブを目一杯マイナス側に寄せた状態が中央値となるので、近視な人間に寄せた補正が可能になります。

D500用にXQDメモリーカードを購入

SONY XQDメモリーカード 128GB QD-G128E J先日購入した『Nikon D500』は来る実戦投入に向け試用期間の真っ最中。長年愛用した『Nikon D300S』とはボタンの配置だけでなく露出やホワイトバランスの傾向も大きく変わったため、その辺りの感覚のズレを頭に叩き込んでいるところです。

で。試用にあたりD500には以前購入した手持ちのSDカード『Extreme SDXC 64GB (SDSDX-064G-X46)』をセットしていたのですが、転送速度45MB/sの旧世代メディアではさすがにバッファの掃けが悪く秒間10コマの高速連写がまともに活用出来なかったため『SONY XQDメモリーカード QD-G128E』と専用カードリーダ『SONY XQDアダプター QDA-SB1』を大人しく追加調達。

D500購入直後の追加投資で懐にも寒波到来の模様です。(苦笑)

Nikon D500に『Nikon アローストラップ 2』を装着

Nikon 一眼レフ用ネックストラップ アローストラップ2BK ブラック ARST2BK先日購入した『Nikon D500』用に別売りのストラップ『Nikon アローストラップ 2』を購入。

カメラに付属するストラップは幅が39mmほどしかないので大型レンズやマルチパワーバッテリーパック、外部ストロボなどを装着すると首や肩への負担が大きいですし、そもそもカメラの型番入りのストラップは恥ずかしすぎますしね…。

以前、『Nikon D300S』と組み合わせていた『Nikon スーパーワイド2ストラップ』と同じ45mmですが、アローストラップ 2は素材に柔らかいジャガード織を採用しており手や肩に馴染みやすいのが特徴。手に巻きつけて使用する際にも邪魔にならずいい感じです。

Nikon D500 + アローストラップ 2

ただ、斜めがけするにしても少々長すぎる感があったので、先端のベルトを少しカットして調節しました。

Nikon D500と専用マルチパワーバッテリーパックMB-D17を購入

Nikon デジタル一眼レフカメラ D500 ボディ7年近く愛用してきた『Nikon D300S』に別れを告げ、新たなDXフォーマットのフラッグシップ一眼レフ『Nikon D500』を購入。

D300Sには愛着もありましたがメーカーの補修部品保持期限が迫っており今後シャッターユニットなどの調達・交換が難しくなることが予想されるため手放すことを決意。専用の縦位置グリップ『マルチパワーバッテリーパック MB-D10』とともにドナドナし、買い替えの原資となることで最後の務めを終えました。

買い替えにあたってはFXフォーマット機への乗り換えも検討したのですが、ニコンにはレンズマウントを近々一新するとの噂があり今からフルサイズに投資するのは分が悪そうなこと、さらに自分の撮影スタイルや被写体からして多少なりとも軽量で画角を稼げるDXフォ―マット機の方が適しているだろうと判断に至りました。

購入したのは地元のキタムラ。実を言うと先にNTT系の某通販サイトで購入したのですが、開梱・使用済みの痕跡が見つかり付属品も一部欠けた状態だったので即返品。同じ轍を踏まないようキタムラで現品をしっかりチェックさせてもらったうえでようやくわたしの手元に。

本体価格は延長保証込みで約20万円。決して安くはありませんが、DXフォ―マットな一眼レフの最終形態とも賞されるスペックを考えれば妥当な金額だと思います。

なお、専用の縦位置グリップ『マルチパワーバッテリーパック MB-D17』も同時入手。

D500とMB-D17を購入

まとまった出費で懐は寒くなりましたが、テンションはアゲアゲです。

『Nikon D7500』発表

Nikon デジタル一眼レフカメラ D7500 ボディ ブラック本日ニコンよりAPS-Cフォーマットのデジタル一眼レフカメラ『Nikon D7500』が発表されました。発売は6月の予定で店頭予想価格はボディ単体が税込約16万円前後。

型番から判る通り『Nikon D7200』の後継にあたる商品でDX機のフラッグシップモデル『Nikon D500』と同じ約2,088万画素のCMOSセンサーと画像処理エンジンを搭載することで連写速度や連続撮影可能枚数の向上を図られたほか、軽量化、高感度画質の改善が為されている模様。

Nikon D300Sの後ピン調整

新レンズ『AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR』の購入でもうひと頑張りを期待している『Nikon D300S』ですが、最近撮影したものを現像すべくモニター表示したところ軒並みピントがあっていないことに気がつきました。

カメラ背面の小さな液晶画面では気が付かなかったのですが、パソコン上で見ると思いっきり後ピン。絞って撮影した分は見れなくもないですが、開放で撮った分は被写体の輪郭がボケボケで使い物にならず…。なんてこったい!

先日ドナドナしたレンズ『AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR』が原因かと思いましたが、『Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II』で撮影した画像にも同様の症状が見られることからD300S側の問題と判断。画像を遡っていくとラバーグリップ交換とフィルタ清掃のため10月後半にピックアップサービスでニコンへ修理に出した後から症状が出ていたようで…配送時の衝撃でおかしくなったんかなぁ(涙)。

D300Sでは本体設定で「AF微調整」が可能なのでこれで対応出来ないものかと頑張ってみたのですが、テレ端とワイド端でズレの度合いが違っていて一律の設定ではカバー出来そうになかったので再度メーカー送り決定。返送時の取扱いには十分注意してもらうよう特記したうえでピックアップサービスに再送。