カテゴリー: デジタル

Huawei Nova用に保護フォルムとケースを調達

Huawei Nova フィルム専用 Huawei Nova フィルム全面 G-Color Huawei Nova 保護フィルム 高透過率 超薄 TPU保護フィルム Huawei Nova 対応 (Huawei Nova,保護フィルム*3枚))先日『Huawei Nova』を購入した際、ビックカメラの週末特典で1,500円分の好きなアクセサリをくれるということで店頭で目についた『ラスタバナナ 反射防止 液晶保護フィルム』と『レイ・アウト 反射防止 液晶保護フィルム』の2点を貰っておいたのですが、従来のPET素材製のこれらのフィルムは柔軟性に欠けるため端がカーブしたHuawei Novaの液晶面全体をカバーしきれないらしくかなり小さめにカットされていて寸足らずな状態…。これでは非常に見づらいですし、見た目も悪いので速攻で剥がして曲面にも対応するTPU製の保護フィルム『G-Color Huawei Nova TPU保護フィルム』を購入。

フィルムそのものはPET素材のものに比べかなり薄いのですが、位置合わせ用のシールも同梱されているので失敗のしようもなく綺麗に貼り付けることが出来ました。

G-Color Huawei Nova TPU保護フィルム

保護フィルムは3枚入りで貼り付け時に役立つクリーナー等も3セット入っているので、どうしようもなく不器用な人でも安心だと思います。ただ、柔軟性が高すぎるがゆえ傷痕が残りやすいようなので定期的な貼り替えは必要になりそうです。

手頃なサイズ感とエレガントな外観『Huawei Nova』の購入レビュー

Huawei 5.0型 nova SIMフリースマートフォン チタニウムグレー 【日本正規代理店品】 NOVA/TITANIUM GR無線LANが故障しモバイル通信しか出来なくなり役目を終えた『Nexus 5』から『Nexus 5X』に買い替えて2年弱…今度は『Nexus 5X』にモバイル通信のみ機能しなくなるという逆パターンの障害が発生。

本体をリセットしたり他のSIMカードを挿してみたりするも電波強度は常に0。分解してアンテナ回りの接続を確認するも特に異常は見られないので、基板の実装に何かしら不具合が生じた様子。Nexus 5といいNexus 5XといいLGエレクトロニクスの製品はどうにも耐久性に課題がありそうです。

リフローすれば復旧しそうな気がしなくもありませんがどうせ一時凌ぎにしかならないでしょうし、Googleによる最新OS提供保証も終了してしまっていて修理したところで今後の展望が見込めないことから大人しく買い替えることにしました。

海外からNexusの後継にあたるPixelシリーズやまともなAndroid One端末を取り寄せることも頭を過りましたが、最近古い端末を軒並み処分してしまったため代替機として使えるものがなく商品が届くまでは電話も使えない状態で過ごすけにもいかないので、今回は繋ぎと割り切って即日入手が可能で価格も手頃な端末の中から選択することに。

Hueaweiの『P10 Lite』やMotorolaの『Moto G5s Plus』あたりも検討しましたが、スペックや使い勝手を十分に吟味した結果『Huawei Nova』に決定。価格は天神ビックカメラで28,790円(税抜)。週末特典としてSDカードや液晶保護フィルムまで貰えたのでなかなかお買い得でした。

Huaweiの端末は6月に買った10インチタブレット『MediaPad M3 Lite 10』に続き2台目。圧倒的なコストパフォーマンスが魅力の同社の端末ですが、Huawei Novaも見事期待に応えてくれるのかしらん…?

さっそくセットアップを終えて一通り触ってみたので、Nexus 5Xとの比較も交えて軽くレビューしておくことにします。

ORICO USB3.0 HDDスタンドを買ってみた

【日本直営店】 ORICO USB3.0 HDDスタンド SATA3.0対応 UASP高速データ転送モード対応 HDDケース 8TB 2.5インチ/3.5インチ 外付けハードディスク ブラック 6619US3-V1NASのストレージ容量拡張に伴い使わなくなった3.5インチハードディスクが手元に数台余っているので欲しい人に譲るなどして処分したいのですが、個人情報を抜かれでもすると困るので手放す前にディスク内を完全消去しておかなければなりません。

2.5インチHDDであれば手元のUSB-SATA変換アダプタで簡単に繋げられますが、3.5インチHDDを動作させるには別途電源を供給出来る環境が必要。そこで手頃な値段でHDDの交換も手楽に行える『ORICO USB3.0 HDDスタンド (6619US3-V1)』を新たに調達。頻繁に使うことはないのでしょうが、今後も不要なハードディスクは不定期に発生し続けるので無駄にはならないでしょう。

パッケージはAnkerなどでもお馴染みの至極シンプルなもの。

ORICO USB3.0 HDDスタンド (6619US3-V1)のパッケージ

AIスピーカー『Google Home』がやって来た

AIスピーカーが相次いで日本導入されるのに合わせて『Google Home』を購入しました。

Googleの音声アシスタント機能はNexus等の一部端末でも5月頃から使えているので特に目新しさがあるわけでもなく、どちらかというとPixel2Lへの買い換えの為に用意していた資金が宙に浮いてしまいったので振り上げた拳の持って行き場に困り思わず注文してしまった…というのが正直なところですが今後発展の見込める分野の商品であることは間違いないでしょうし、API連携など開発者が弄れる要素も用意されるようなのでそれなりに楽しみではあります。

今回、Google Homeはビックカメラの通販サイトで購入。『Amazon Echo』と競合するせいかAmazon.co.jpでは取り扱わない方針のようなので、第二世代『Chromecast』が貰えるキャンペーンを実施していたビックカメラを利用した次第。

ビックカメラでChromecastが貰えるキャンペーン

リビングのテレビには既に『Nexus Player』が繋がっているのでChromecastを使う予定はありませんが、いずれ役にたつ日が来るはず…。多分。

沈みゆく「さくらのレンタルサーバー」を脱して「mixhost」で常時SSL化

情報セキュリティリスクへの懸念から各ブラウザベンダが非HTTPSなサイトを警告・排除していく方針を固めており、常時SSL化が世界的な急務となっています。

このような流れを受け、レンタルサーバ(ホスティング)各社は利用者向けに「Let’s Encrypt」等を用いた無償のSSL証明書発行機能の提供を急いでいるのですが、国内最大手の『さくらのレンタルサーバ』は自社が取り扱っている有償のSSLを利用させたいらしく中の人も「無償SSLに対応する予定はない」と公言。

大手の安心感をかって契約している個人や中小企業ユーザが大半であろうさくらのレンタルサーバですが、変化し続けるITの潮流について来れないようではただの”沈みゆく船”でしかないので早々に脱出を決意。複数のレンタルサーバを比較・検討したうえで「mixhost」に移転、このサイトも無事に常時SSL化が完了しました。

adb/fastbootコマンドの実行環境を整える (Windows 10対応)

Android端末を弄るうえで必要不可欠な環境を整えるにあたり、以前は「Nexus端末を遊び尽くすための準備 (Windows 10対応)」の記事の中でご紹介したように最初にJDKを入れて、次にSDK…といった作業を強いられていましたが最近になってSDKの構成が変わったらしく従来のやり方が通用しなくなっています。

代わりにAndroid Studioを入れるという手もありますが、ROM焼きのためadbやfastbootコマンドさえ叩ければ十分という場合には冗長すぎる…ということで、adb/fastbootを含む従来のSDK Platform-Tools関連の機能だけをGoogleが別途提供してくれるようになりました。これを使えば「Minimal ADB and Fastboot」や「15 seconds ADB Installer」等の非公式ツールに頼ることなく安全・手軽にadb/fastbootコマンドの実行環境を整えることが出来ます。

導入手順を簡単にまとめておくことにします。