『Nikon D70』の熱かぶり

銀塩カメラからデジタルカメラへの機材移行に伴って、フィルムのロスを恐れる必要がなくなったこともありこれまで無縁だった星空などの天体撮影にも積極的に挑戦するようになりました。

撮影モードをマニュアルに設定し、ISO感度を上げて絞りを開放。シャッタースピードはレリーズで調整したいところですが、『Nikon D70』には生憎対応するレリーズが存在しないので別売りの『Nikon リモコン ML-L3』を使って操作します。

試行錯誤の末ようやく納得のいくものが撮れた…はずだったのですが、露光時間を長めにとった画像の端に軒並み赤い靄(モヤ)のようなものが映り込んでしまっていて「う~ん」な感じ。


カメラの調子が悪いのか、あるいは幽霊でも映り込んだ?と心配しましたが、よく調べてみるとこれは「熱かぶり」というデジカメならではの現象で露光中撮影素子に供給される電流に起因した熱が原因とのこと。

D70に用いられているCCDは画質面では優位ながら、CMOSセンサに比べ消費電力が大きいので現状では致し方ない模様。「ノイズリダクション」を有効にしておけば影響は軽減されるようですが、露光した時間と同じだけ処理に時間を要するようなので撮影のレスポンスが悪くなるのがなぁ…。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。