霜取りセンサーの故障で冷蔵室が機能停止

昨日のこと。朝食をとろうと冷蔵庫から取り出したヨーグルトが生温い。冷蔵室に入れていた麦茶も牛乳も…何もかもが生温い…。

ドアを閉め忘れていたわけでもないので我が家のナショナル製冷蔵庫『NR-C372M』の故障を疑うも、冷凍室は氷も解けておらず何事もなく稼働中。冷蔵室だけ壊れることってあるのかしらん?

素人ながらにあれこれ試してみましたが改善の兆しが見られないので諦めてメーカーに連絡すると翌日には対応可能とのことで、本日13時過ぎにナショナルのサービスの人が到着。

事前に伝えていた内容からおおよそ検討はついていたらしく、冷凍室の奥を覗き込んだだけで不調の原因が判明。どうやら霜取りセンサーが故障していたらしく、奥の方に霜がびっしりと付着して冷蔵室へ向かう冷気をブロックしてしまっていた模様。さっそく部品を取り換えて貰い冷蔵庫は無事復活!

作業は1時間ほどで修理代は10,920円でした。

    このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

    reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。また、メールアドレスが公開されることはありません。
    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。