Panasonicのお掃除エアコン『CS-SX289A』を取付け

先週、リビングに設置しているナショナルのエアコン『CS-28RBZ』がタイマーランプを点滅させながら突如沈黙。

National CS-28RBZ

霜取り中という訳でもなく取扱説明書に従って本体リセットを行うも室内機は無反応、室外機だけがブーンという低音を発し続けている状態。念のためコンセントを抜いて一晩放置したうえで翌朝リトライするも結果は変わらず…。さ、寒い…。

さっそくパナソニックのサービス窓口に連絡して見に来てもらったのですが、コンプレッサーの故障らしく修理するなら部品の取り寄せに数日、費用も約6万円との見積もり。10万円強で購入した7年落ちの製品に6万出すくらいなら、いっそ省エネ性能の高い最新モデルに買い替えた方がランニングコストやエコポイントを勘案すると遥かに得だろうと判断。修理は断って帰っていただき、新しいエアコン選定のためヤマダ電器に向かいました。


で、今回購入したのはPanasonicの『CS-SX289A』。

最初はナノイーイオン機能を備えた最上位のXシリーズを考えていたのですが、本体幅がやや大きくカーテンレールと干渉することが判明したためひとつ下のSXシリーズの同製品を選択。モデルチェンジが近いこともあり取付工事費込みで118,000円とだいぶお得になっていたことも決め手となりました。

周囲からヤマダ電器の下請けをやっている施工業者の評判の悪さをよく耳にしていたので取付作業を少しばかり心配していましたが、幸い丁寧な仕事ぶりで特に問題もなく終了。ちゃんと真空引きもやってくれてました。

Panasonic CS-SX289A

数日続いた氷室の中のような暮らしからようやく抜け出すことが出来ました。

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

    • 頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。
    • メールアドレスが公開されることはありません。