福岡カスタムカーショー2013が酷かった

知人に誘われてヤフオクドーム(旧ヤフードーム)で行われている「福岡カスタムカーショー2013」に行ってきました。

例年、この時期には東京オートサロンの流れを汲んだ「福岡オートサロン」が開催されていましたが、わたしが見に行った2009年などは自動車業界は不況の真っ只中で福岡にまでやって来るメーカーがほとんど無く閑散とした状態。案の定翌2010年限りで福岡開催が打ち切りになったため、それに代わるイベントとして始まったのが「福岡カスタムカーショー」。

ようやく上向いて来た景気動向を受けて今年の東京オートサロンは相当賑わっていたようなので、福岡カスタムカーショーにも同様の出展を期待していたのですがまったくの別物でした。


主要なメーカーやチューナーがほとんど参加していない時点で気づくべきだったのですが、大半は田舎のヤンキー向け違法改造車と個人が持ち込んだ趣味の悪い愛車の自慢大会的な内容。一部にはオートサロン的な展示をしているブースもありましたが、そうしたものには目もくれずイベントスペースに登壇するアイドル(?)やコンパニオンだけを目当てに来ている客も多く会場全体がカオスな雰囲気。そんな惨状を目の当たりにしてそそくさと帰ってきました。

九州で開催されるまともな車のイベントが2年に一度のモーターショーだけというのは寂しいなぁ。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。