AV環境の再構築に向けてオンキヨー製品を整理

現在我が家ではオンキヨーのINTEC 205シリーズのHi-Fiアンプ『A-905TX』とFM/AMチューナー『T-405TX』、ユニバーサルプレーヤー『DV-SP205』を組み合わせたオーディオ環境に同じ205シリーズのサラウンドプロセッサー『ED-205』を追加することで5.1ch環境を実現しているのですが、ED-205の音が非力で前後のバランスが悪いことに加え近年登場した新しいフォーマットが利用出来ないことに不都合を感じるケースも増えてきたのでAV環境の再構築を検討しています。

そこでBlu-RayプレーヤーとAVアンプのラインナップを2年ほど注視していたのですが、長年愛用してきたオンキヨーは日本国内でのBlu-rayプレーヤーのリリース予定が無いことに加え、現在ラインナップされているAVアンプもチューナーが付いてなかったりHDMIパススルー時の消費電力が他社製品に比べやたらと高かったりと仕様面で他社に大きく後れをとっている感が拭えなかったので、このタイミングでデノンに乗り換えることを決意。

この期に機材を一新…といってもあまり高価なものは買えないので、音楽・映像ともそれなりのレベルで楽しめそうなAVアンプとユニバーサルプレーヤーの組み合わせで15万円程度と予算を定めて機種の選定を進め、今のところ7.1ch対応AVアンプ『AVR1911K』と12月末に発売予定のユニバーサルBlu-ray Discプレーヤー『DBP-1611UD』の組み合わせでほぼ内定。

購入にあたっては我が家の財務省(嫁)の許可を取り付けるための口実を考えないといけませんが、年末から年明けにかけての導入を目指して事を進めているところです。


それはそれとして今使っているINTEC 205のシステムをなんとかしないと新しい機材が置けないので整理を開始。ユニバーサルプレーヤー『DV-SP205』は寝室に移動しもともと設置していたチューナ付きアンプ『R-805TX』と共に隠居暮らし。

アンプ『A-905TX』とチューナー『T-405TX』はまだまだ状態が良く、付属品も全て残っていたのでオーディオ専門店の買い取りへ。10,000円弱の値が付いたので買い替えの足しにしようと思います。

サラウンドプロセッサー『ED-205』も一緒にドナドナしようと思っていたのですが、汎用性のない機器だけにオーディオ専門店では買い取り出来ないとのこと。寝室のR-805TXと接続出来ないこともありませんが、寝室を5.1ch環境にしたところでなんのメリットもないですし…。

101205_ED-205

さすがに捨てるのは忍びないので、引き取っても良いよという人が居たらお声かけください。(→処分完了しました)

2011年1月29日サブウーファー「SKW-10」も処分

ONKYO サブウーファー アンプ内蔵 40W SKW-10フロントスピーカーをデノンの『SC-T55SG』に変えたことで音のバランス上出番のなくなったオンキヨーのサブウーファー『SKW-10』も本日処分してきました。

玩具に毛が生えた程度のサブウーファーとはいえ独身の頃に薄給を叩いて買った物だけに愛着もあり大事に使っていたので見た目は新品同様。せめて誰かに使ってもらえれば…といつも利用しているオーディオ専門店に買い取りを持ちかけてみたものの「オーディオ製品と呼べるモノではないので…」と拒否られてしまったので止む無くソフマップの買取カウンターへ。

500円にもなれば万々歳と思っていましたが、3,000円にもなったのでちょっとびっくり。とはいえ査定にかかった時間が3時間…噂には聞いていましたが、恐ろしいほど時間がかかりますね。

頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。
メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.