『DBP-1611UD』の電源LEDが点滅!?

先月末に初期不良で交換してもらったデノンのAVアンプ『AVR-3311』ですが、その後はほぼ順調に稼働してくれてます。”ほぼ”と書いたのは交換前に頻繁に発生していた電源投入直後に電源OFF以外のあらゆる操作を受け付けないという現象が1度だけ再現した為ですが、この現象はネット上でも同様の事象を報告されている方がいらっしゃってメーカーにも伝わっているはずなのでファームウェア更新で改善されるのを気長に待つつもりです。

さて。現在、このAVR-3311には昨年末に購入したユニバーサルプレーヤー『DBP-1611UD』を接続しています。ユニバーサルというだけあってBlu-Rayは当然3D対応でDVDやCDはもちろんSACDやDVD-Audioにも対応。現行のHDオーディオフォーマットにもフル対応でDLNAクライアント機能も装備。今後予定されているアップデートでYouTubeのストリーミング再生も可能になるなどまさしくオールインワンな一台です。年末年始の買い物ラッシュでこのブログに詳細なレビューを掲載する機会は逸してしまいましたが、先日のPhile-webの記事にもある通り明るくしなやかで活力ある音を聞かせてくれてます。先月デノンの恵比寿リスニングルームではこのDBP-1611UDを誤魔化しの効かない上位クラスのAVアンプ『AVR-4311』と組み合わて視聴イベントが開催しているくらいなのでメーカー側も自信を持って市場に送り出してることが伺いしれます。実売価格3~4万円前後という価格帯はパナソニックやソニーなどの総合家電メーカーも含めたBlu-Ray再生機の主戦場ですが、DBP-1611UDは頭一つ抜きん出ている印象です。現在品薄で入手困難なのも頷けます。


そんなDBP-1611UDですが、今日CDを聴いていると突然再生が途切れて勝手に再起動したあと電源スイッチのLEDライトを点滅させたまま一切の操作を受け付けなくなってしまいました。コンセントを抜き挿ししても状況は変わらず「えええ~、今度はプレーヤーが故障?」と相当に焦りましたが、結論から先に言うとこれは故障ではなく原因は自分が余計なことをしていた為。というのも昨晩、机の引き出しの中からAINEXの『コネクタカバー AVセット(DC-012)』に含まれる3.5mmミニジャック用コネクタカバーが出てきたので、埃除けになるかと思いDBP-1611UD背面のコントロール端子に挿しておいたのですがこれがマズかった模様。これを外すと同時に電源の点滅が停まり機能復帰。何事もなかったかのように動きだしました。

いくら綺麗好きでもコントロール端子にまで防塵カバーは付けるなということですね…。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。