『Galaxy Nexus(SC-04D)』がやってきた

年末に発売が始まったばかりでドコモの現行ラインナップの中でも最高性能を誇る機種ながら、年度末商戦に向け突如大幅値下げが行われ投げ売り状態となっているGALAXY NEXUS(SC-04D)をドコモオンラインショップで購入しました。

ドコモの継続利用期間が10年超で「いちねん割引」に加入していれば10,080円で買えるというのですから驚きです。

120324_box

さっそく化粧箱とご対面。Galaxy S(SC-02B)のものと比べると縦長でふたまわりほど大きめ。

Galaxy Nexus(SC-04D)本体以外の同梱品はリチウムイオンバッテリーとバックカバー、充電用のUSB変換アダプタとマイクロUSBケーブル、イヤフォン、それに保証書やクイックスタートガイドなどのドキュメント類。Nexusは16GBの大容量ストレージを内蔵しているかわりにSDカードなどの外部メモリースロットを搭載していませんのでマイクロSDカードは当然付属しません。また、Galaxy S(SC-02B)もそうでしたが誰も見ないであろう分厚いマニュアルも付属しません。

120324_cover

さっそくSIMカードとバッテリーをセットしたらバックカバーを取り付け。引っかけるポイントが多いのでバックカバーの取り付けには若干コツが必要です。バックカバーには凸凹の加工が施されているため指紋が目立たず良い感じです。Galaxy S(SC-02B)ではドコモが国内向けに独自に作った嫌がらせとしか思えないツルテカカバーを採用して相当不評を買ったので今回はグローバル版に大きく手を加えることはしなかったようです。良かった良かった。


120324_plug

充電用のUSB端子やイヤフォン端子の位置は端末下部。卓上ホルダやクレードルの使用を想定して最近のスマートフォンは下部に端子があるものが多いですね。スマートフォンを通勤時の音楽視聴用として使うわたしの場合、イヤフォン端子は上部にあった方が便利な気はするのですが、ひっくり返して使えば同じか。

120324_film

それではさっそく充電を開始。その間に事前に購入しておいた液晶保護フィルムでも貼っておくことにしましょう。今回用意したのはレイアウト社製の『気泡ゼロ高光沢防指紋保護フィルム(RT-SC04DF/C1)』。気泡が出来にくいフィルムとのことですが、念のため十分注意しながら貼りつけた結果無事綺麗に仕上がりました。ただ、Nexusは液晶面がゆるくカーブしているせいでフィルムの下の端がわずかに浮いてしまった点がちょっと残念。この問題は他のメーカーのシートでもおこる問題のようなので、どうしても気になる場合はひとまわり小さめのシートや柔軟性の高いシートを探してみるとが良いかもしれません。

充電が完了したらさっそく電源ON。液晶には真似できない有機ELならではの発色の良さと画面の大きさが目を引きます。初期設定を済ませてさっそくAndroid 4.0の世界を体験。デュアルコアCPUの性能もあってサクサクとした操作感を実感できます。

さっそくroot化してゴニョゴニョ…といきたいところですが、はじめてのAndroid4.0端末ということでしばらくは素のままで使い、落ち着いた頃にroot化や標準テザリングの解放にトライしようと思います。

2012年03月25日追記

到着したGalaxy Nexus(SC-04D)のAndroidのバージョンは4.0.1でしたが、いろいろ触っているうちにバージョンアップの案内が表示されたのでさっそく適用してみました。

『Galaxy Nexus(SC-04D)』がやってきた

4.0.2は昨年末に公開されたものの不具合によりすぐに配信停止、2月になってようやく配信が再開となったバージョン。4.0.1との違いは…4.0.1をほとんど使い切らないうちにバージョンアップしたので違いがよく分かりません。(笑)

2012年06月10日追記

7日(木)より公開されているドコモ版Galaxy Nexus(SC-02B)向けの最新アップデートが今日になってようやく降ってきたのでさっそく適用してみました。

今回のアップデートはAndroid 4.0.4(IMM76D)をベースにした「LE3」。ドコモが公表している主なアップデート内容はテザリング機能追加とSIMロック解除に関する不具合改善の2点だけですが、Androidのバージョンがこれまでの4.0.2(ICL53F)から4.0.4(IMM76D)へアップしているのでそれに伴い細かな機能改善や不具合対応が適用されている模様です。

『Galaxy Nexus(SC-04D)』がやってきた

なお、今回新たに追加されたテザリング機能はAndroid標準のテザリングではなくドコモ独自の実装によるもの。SPモード契約が必須でテザリングを有効にすると専用APNに勝手に繋ぎ直すという相変わらずの嫌がらせ仕様ですので、このままではドコモ本家の回線+SPモード契約のある人しか活用できませんので、MVNO回線を使用中の方などはrootを取ってsettings.dbをいじるか本家のAndroidをROM焼きする必要があります。

Galaxy S(SC-02B)いぢりもそろそろ飽きてきたのでこれまで純正状態で使ってきたGalaxy Nexus(SC-04D)にそろそろ手をかけてみようかと思ってます。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。
    メールアドレスが公開されることはありません。

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.