インプレッサ G4 (GJ7)のリアホイールハブベアリング交換

昨年末あたりからインプレッサG4(GJ7)を走らせる際に後方が少々騒々しくなってきたように感じていました。

当初は後部ドアのウェザーストリップが劣化してロードノイズが車内に入ってきてるのかな?くらいに思っていたのですが、先日小春日和の中窓を開けて車を走らせているとロードノイズとは異なる唸り音を確認。もしや…と思い、セーフティチェックの際に確認してもらったところ案の定左リアのホイールハブベアリングからの異音であることが判明。

リアホイールハブベアリング交換

一般的に10年or10万kmが交換の目安と言われる部品なので納車からちょうど10年を迎えるこのタイミングでの交換は想定内。とはいえ、普通ハブベアリングってフロントが先に逝くものでは?とサービスの人に尋ねたところ、GP/GJ系インプレッサや同時期に発売されたSJ系フォレスターではよくある事象とのこと…おおぅ。


幸いすぐすぐ大きなトラブルに繋がるような状態ではなさそうでしたが、これといって乗り換えたい車もなくもうしばらく乗り続ける覚悟なのでこのタイミングでリアは左右とも交換することに。取り寄せを依頼していた部品が到着したとの連絡を受け、ディーラー入庫しさっそく作業にかかってもらいました。

一旦帰宅して作業が終わった頃を見計らって車を取りにいったところ、「作業は終了したもののABSの警告等が点灯するようになってしまい、原因調査に時間がかかりそう」との報告がありその日はやむなく車を預けたまま帰宅。翌日「作業中にABSセンサーを傷つけてしまったことが原因と判明、交換部品の取り寄せと交換にもう2日ほど時間を…」とのことで、想定外の長時間入庫となりましたがホイールハブベアリングの交換費用のみで右リアのセンサーまで新しくなったのでよしとしましょう。(苦笑)

車が戻ってきた翌々日に長崎まで遠出する機会があったのですが、これまでの騒々しさが嘘のように車内が静かになって大満足!

ちなみに今回のリアハブベアリングASSYの交換に要した費用は約6万円。決して安くはありませんが、安心と快適さのためには致し方ありません。

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。また、メールアドレスが公開されることはありません。
このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。