MVNO回線でキッズケータイ F-03Jを活用

docomo 富士通 キッズケータイ F-03J [イエロー] 白ロムうちの子供も8歳になりクラスの友達との付き合いもあるようで、宿題のない日は帰宅するなりランドセルを放り投げて「〇〇君と遊んでくる!!」と外に飛び出していくこともしばしば。

それはそれで構わないのですが、遊びに興じるあまり18時を過ぎてもなかなか帰ってこないことがあり心配して公園や友達の家を訪ね歩いたりしたこともあったのですが、この先行動範囲が広がるといよいよ手に負えなくなるぞ…と思いキッズケータイを導入。

今回購入したのは2017年3月に発売されたドコモの『キッズケータイ F-03J』。キッズケータイも以前は毎年のように新機種が登場していたような記憶がありますが、最近は更新が滞っているらしく現状このF-03Jが最新機種となっています。

本来キッズケータイはドコモ契約での利用を想定して作られているものの、一部機能を除き(後述)ドコモ系のMVNOでも問題なく利用出来ることから今回はIIJmioの回線を利用する前提。そのためドコモショップではなくAmazon.co.jpにて新品の白ロムを入手したのですが価格は1,200円ほどでした。(安っ!!)


最近はSIMフリー機ばかりなのでキャリア端末のパッケージを目にするのは随分とご無沙汰です。

キッズケータイ F-03Jのパッケージ

F-03Jにセット可能なSIMカードは「今更」感が半端ないmicroSIM。手元に余っているSIMカードはnanoSIMサイズだったので変換アダプタを介して挿入しておきました。アダプタ、捨てずにとっておいて良かった…。

SIMカードはnanoSIMではなくmicroSIM

裏蓋は付属の六角レンチで固定。子供が下手に触らないよう配慮した仕様なのでしょう。これは良い判断だと思う。

裏蓋は六角レンチで固定します

充電は側面にあるmicro USB端子を使用。F-03Jは防水・防塵(IPX5/8、IP6X)対応でこのmicro USB端子はキャップレス防水仕様となっています。夏場に「どこで泳いできた?」ってくらい汗だくになって帰ってきたりするうちの子供に持たせておいてもなんとか耐えてくれるはず…。

充電を済ませたら電源ON。動作確認もバッチリです。

犬(狐?)が可愛い待ち受け画面

キッズケータイで出来る事出来ない事は機種によって細かな違いがあるようですが、F-03Jの通話はあらかじめ連絡帳に登録された番号への発信とそれらの番号からの着信に限定されます。このため子供が知らない番号からの電話に応じてトラブルに巻き込まれたりする心配は不要です。

メールはSMSのみで通話と同様連絡帳に登録された人とのやりとりしかできませんが、文章は定型文以外にも自由入力が可能になっています。

ゴニョれば通常のE-Mailも使えなくはないようですが、そこまでやると「なんのためのキッズケータイか?」という話しになるので自制しておきます。

防犯ブザーがついているのも良い良いですね。これを鳴らすとあらかじめ設定しておいた連絡先に順次発信を行うような設定も可能。試しに私と嫁に通知する設定で子供に1日持たせたところ、このブザー連動の発信が何度もかかってくる(当然ワザとやってる)ので速攻で解除しましたが…苦笑。

MVNO回線で利用するにあたって唯一利用出来ないのが子供の現在位置を把握できる「イマドコサーチ」。そもそも小学生にもなると例え迷子になったとしても通話が出来ればおおよそ情報のやりとりはできますし、GPSに無駄に電力消費されなくて済む分電池が長持ちするのでそちらの方がメリットが大きいのでは…。

F-03Jは他にもスマホやIoTデバイスと連携する機能なども備えているようですが、その辺は暇な時に追々フォローしていきます。

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

    • 頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。
    • メールアドレスが公開されることはありません。